食べるの大好きぽっちゃり系チワワ君の健康管理と飼い主の日々の気づきをシェアします。

チワワと一緒にいつまでも|愛犬の健康と飼い主の日常をつれづれと。

スポンサードリンク




こんな人がこの記事を書いてます。


今年7歳になったロングコートのチワワ君と暮らしています。

うちの子がシニア犬となったのを機に、ごはんからお水、運動など普段の食生活を見直すようになりました。

同じようにワンちゃんの健康の悩みや不安を抱える飼い主さんの参考になれば嬉しいです。
⇒うちのチワワ君と管理人の自己紹介

普段の飼い主はこんな生活してます(;´∀`)⇒飼い主の日常
ツイッターのチワワ君アカウントのタイムラインです♪⇒チワワ君の日常

ペット保険 ペット保険の基礎知識

愛犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)が保険対象となるペット保険まとめ

投稿日:

膝蓋骨脱臼が保証の対象となっているペット保険会社についてまとめました。

こちらのペット保険の比較・選び方ガイドでも簡単に書いていますが、
「実際にこんなときはどうなるの?という場合や状況」についてなどここではより突っ込んだ内容を紹介したいと思います^^

Sponcerd Link

膝蓋骨脱臼が補償対象となるペット保険

膝蓋骨脱臼が補償対象となるペット保険会社はこの7社です。

これ以外の保険会社ではそもそも膝蓋骨脱臼自体が問答無用で保障対象外(免責)となっています。

こんな場合どうなの?

上の7社が先天性や遺伝性でない場合、膝蓋骨脱臼を保障してくれるペット保険となりますが、次はもっと細かく突っ込んだ事例や状況の場合についてどうなるのか?というところをみていきたいと思います。

実際にペット保険会社さんに問い合わせをして聞いてみました。

病歴はあるがすでに完治をしていた場合

保険加入前に膝蓋骨脱臼をしていて、手術や治療をして完治をしたという診断を動物病院の先生からもらった場合でも、免責となってしまうんでしょうか?

この場合、上記7社に問い合わせをしてみましたが、ほとんどの会社で完治をしたという診断があったとしても過去に病歴としてあれば基本的に膝蓋骨脱臼は免責事項とされてしまうという答えでした。
その中でもPS保険は可能性は低いと前置きはありましたが、本当に完治をしたという診断があれば条件がつかない可能性もあるようです。

そして、イーペット保険については「完治をしていれば完治後3カ月間を空けて加入が可能」という明確な答えがもらえました!
他の保険会社がみんな口をそろえて「無理です」という答えの中でこれだけしっかりとした答えをもらえたのは正直びっくりしまいした^^;

そこで、ちょっと突っ込んで「そうはいっても難しいんじゃないですか?」と聞いてみても、「そういった例もありますし、完治していてその後3カ月空けて頂ければ大丈夫ですよ。」とのことです(^^)/
これはかなり心強いですね^^

膝蓋骨脱臼が完治していれば補償される可能性のあるペット保険会社

発症した膝ではない方の膝は補償対象となるのか

もう一つ気になるのが、例えば右足で膝蓋骨脱臼になった場合、両足とも免責となってしまうのでしょうか?

普通に考えれば、別の足なんだから保障してくれてもいいだろ~と思ってしまいますが、
これもまた片方なってしまった場合には両足とも保障されない(免責される)ペット保険会社が多かったです。

ただ、その中でもPS保険、イーペット少額短期保険の3社は別々に審査をしてもらえるという回答をもらえました。
FPCに関しては、基本的にはNGではないが、かなり難しいという黒に近いグレーな感じの答えでしたね^^;

片方ずつ別々に考えてくれるペット保険会社

まとめ

会社名 保険加入前に完治している場合の補償 片方ずつ別々審査
アニコム ×  ×
アイペット ×  ×
au損保 ×  ×
PS保険
げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー) ×  ×
FPC × ×
イーペット少額短期保険  〇

ではここまでのことをまとめたのが上の表です!

全体的な傾向としては、ケガなどによる後天性の膝蓋骨脱臼を片方でもやったことがある、または現在治療中の場合、
膝蓋骨脱臼可のペット保険会社であっても、多くは加入時に両足とも保証対象外(免責)となるということでした。

その中でも、イーペット保険とPS保険は唯一片足発症していても片足ずつ審査をしてくれますし、
イーペット保険に関しては、さらに一度発症歴があっても完治しているという病院の診断さえあれば3カ月間を開けて加入が可能だということです。

⇒PS保険の詳細へ

⇒イーペット少額短期保険の詳細へ

この2社は膝蓋骨脱臼に関して特に保障が厚いといえますね^^

おすすめの関連記事

-ペット保険, ペット保険の基礎知識

Copyright© チワワと一緒にいつまでも|愛犬の健康と飼い主の日常をつれづれと。 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.