おうちで飼っているワンちゃんの健康を普段食べているドッグフードから考える。

チワワと一緒にいつまでも|ドッグフードから見直す室内犬の健康

スポンサードリンク




こんな人がこの記事を書いてます。


今年7歳になったロングコートのチワワ君と暮らしています。

うちの子がシニア犬となったのを機に、ごはんからお水、運動など普段の食生活を見直すようになりました。

同じようにワンちゃんの健康の悩みや不安を抱える飼い主さんの参考になれば嬉しいです。
⇒うちのチワワ君と管理人の自己紹介

普段の飼い主はこんな生活してます(;´∀`)⇒飼い主の日常
ツイッターのチワワ君アカウントのタイムラインです♪⇒チワワ君の日常

犬のサプリメント

犬用のDHAサプリの人気製品まとめ&愛犬に合わせたおすすめの選び方。

投稿日:2017年2月6日 更新日:

最近、ペットの寿命が延びて高齢化が進むことによって老犬介護というキーワードも非常によく目にするようになってきました。
飼っているワンちゃんが長生きしてくれるほど嬉しいことはありませんが、人間と同じようワンちゃんの場合も年を取るにつれ問題行動が出てくることもあります。。
今回はそんなトラブルに備えて高齢犬が積極的に摂ることを推奨されている、犬用のDHAサプリメントについて紹介したいと思います^^

Sponcerd Link

DHAサプリがおすすめなワンちゃんとは?

  • 名前呼んでもすぐに反応しなくなった
  • 夜中に意味なく吠えたりする
  • 心なしか感情表現や表情が乏しくなった気がする
  • おっくうそうな時がある
  • 脳の健康を維持してあげたい
  • シニア犬と呼ばれる年齢になった

こういった悩みや特徴がある子、特に高齢犬やシニア犬が積極的に摂るとよいといわれているのがDHA。
DHAは魚に含まれる不飽和脂肪酸であり、サケなど魚系のドッグフードにも含まれていますが、
これらは熱、光、空気にさらされてしまうと簡単に酸化し劣化してしまうので、積極的に摂取するのであればフードではなくサプリメントでの摂取が勧められることが多いです。

犬用DHAサプリメントの有名商品一覧とその特徴

商品名メーカー価格/1日目安量(小型犬)(税別)
DHAの量/1日目安量
EPAの量/1日目安量
〇〇サポート重視その他の成分
DHCの犬用DHA&EPADHC29.1円68mg31mg脳の健康維持
・被毛、皮膚サポート
亜麻仁油(α-リノレン酸として26mg)、月見草油(γ-リノレン酸として4mg・リノール酸として30mg)
メイベット®DC明治127.5円不明(Ω‐3脂肪酸として13%以上)脳の健康維持
・被毛、皮膚サポート
ω-6不飽和脂肪酸およびその他不飽和脂肪酸3%以上
アンチノールVETZ PETZ97.2円不明(Ω‐3脂肪酸として21㎎)脳の健康維持
・被毛、皮膚サポート
一価不飽和脂肪酸81㎎、多価不飽和脂肪酸33㎎、脂肪酸32㎎
サントリーペットヘルス ARA+DHAサントリー102円
※定期購入の場合
53mg脳の健康維持

ARA(アラキドン酸) 53mg、アスタキサンチン 0.22mg

DHCの犬用DHA&EPA

サプリメーカーとしておなじみのDHCから販売されている犬用DHA/EPAサプリ。
今回紹介するサプリの中で唯一EPAの含有量が明記されおり、さらに亜麻仁油や月見草油など、
リノール酸など皮膚や被毛サポート成分のオメガ6系脂肪酸も配合しています。
サプリの価格も最も安価で、ホームセンターなどでも比較的手に入りやすところが特徴です。

メイベット®DC

明治の販売する粉末タイプのω3・ω6不飽和脂肪酸サプリメント。
オメガ3、オメガ6不飽和脂肪酸の含有量としては%で表示してあり、具体的な量の明記はされていません。
公式ページには動物病院でのみ販売していると記載がありますが、楽天やアマゾンで取り扱いがあり、ネットで購入できます。

アンチノール


ニュージーランド原産のモエギガイからモエギガイオイルを抽出して作られたサプリメント。
モエギガイオイルには必須脂肪酸、不飽和脂肪酸などが数多く含まれているそうです。
DHA、EPAの具体的な量の記載はありませんが、Ω‐3脂肪酸として1粒平均として21㎎含まれているという記載があります。

サントリー ペットヘルス ARA+DHA

ペット ARA+DHAimp

サントリーの販売するDHAサプリ。
EPAは含有されないが、DHAは小型犬(体重10kg未満)の1日目安量(2粒)で53mg含まれます。
また、脳の健康サポート成分として新たに注目されているARA(アラキドン酸)も53mg配合。
酸化しやすいDHAを酸化から守り、ビタミンEを凌ぐ健康パワーがあると言われるアスタキサンチンも配合されています。

犬用DHAサプリメントの選び方

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の含有量

まずは1日当たりのオメガ3脂肪酸の含有量をチェック。
製品によっては、具体的な量で表示しておらず、%などで記載してあるものもあるため、
純粋にDHAの量を比較することが難しいこともありますが、一応一通りはチェックしておくのがよいです。

重きを置いている働きは?

DHAやEPAのほかにリノレン酸、リノール酸など被毛や皮膚のサポートケア成分を配合しているものもあれば、
アラキドン酸という脳の健康サポート成分をさらに配合しているものもあり、
大きく分けて、脳の健康サポートか被毛・皮膚のサポートか重点を置いている部分を見極めることが重要だと思います。
そのうえで、自分のワンちゃんはどこを重点的にサポートしたいかを考えたいですね。

そのほかの健康サポート成分は入っているか?

高齢犬やシニア犬に対して与える場合も多いと思いますが、
その際にオメガ3脂肪酸以外の酸化から守る働きのある成分は入ってるか?健康サポート成分は入っているかをチェックします。

まとめ

単純に1日あたりのオメガ3脂肪酸(DHA/EPA)の含有量だけでなく、
それ以外に配合している各サプリメントの成分から特徴を把握することが大事。

例えば、被毛や皮膚のサポートしたい場合にはリノレン酸やオメガ6系のリノール酸の入ったものを選んだり、
脳の健康維持に重点を置きたい場合には、アラキドン酸などのサポート成分をプラスしているものを選んだりするのがおすすめです。

また、DHAは酸化しやすいため、酸化から守る働きのある
成分がプラスされているものは良いと思います^^

ここまでのことを総合的に考えると、うちのチワワ君に一番ぴったりかなと思うのはサントリーのARA+DHAです。

ペット ARA+DHAimp

>>>サントリー ARA+DHA

DHAとARAで脳の健康維持をサポートしてくれる成分がダブルで入っているのはこの商品だけですし、
もう一つの成分であるアスタキサンチンは酸化しやすいDHAとARAを酸化から守るだけでなく、ビタミンEを凌ぐ健康パワーがあると言われている大注目の成分です。

この3つがそろった製品はこれしかないので、シニア犬のうちのチワワ君にはぴったりだなと思います。

リノレン酸やオメガ6系のリノール酸は含まれていないので、被毛や皮膚のサポートに重きを置きたい方はほかの製品の方が良いです。

おすすめといっても最終的にはそのサプリメントを利用して「ワンちゃんにどうなって欲しいのか」それによって選ぶべき商品も違ってきます。

飼い主さんとしては正しい知識を持って、ワンちゃんにとって一番良いサプリを選んであげたいですね^^

おすすめの関連記事

-犬のサプリメント

Copyright© チワワと一緒にいつまでも|ドッグフードから見直す室内犬の健康 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.