おうちで飼っているワンちゃんの健康を普段食べているドッグフードから考える。

チワワと一緒にいつまでも|ドッグフードから見直す室内犬の健康

スポンサードリンク




こんな人がこの記事を書いてます。


今年7歳になったロングコートのチワワ君と暮らしています。

うちの子がシニア犬となったのを機に、ごはんからお水、運動など普段の食生活を見直すようになりました。

同じようにワンちゃんの健康の悩みや不安を抱える飼い主さんの参考になれば嬉しいです。
⇒うちのチワワ君と管理人の自己紹介

普段の飼い主はこんな生活してます(;´∀`)⇒飼い主の日常
ツイッターのチワワ君アカウントのタイムラインです♪⇒チワワ君の日常

ドッグフード ドッグフードのレビュー

ニュートロのシュプレモ、ナチュラルチョイス、ワイルドレシピ、それぞれの違いと特徴は?

投稿日:2016年11月12日 更新日:

ナチュラル志向のドッグフードといえばニュートロ。

ニュートロにはシュプレモ、ナチュラルチョイス、ワイルドレシピと大きく分けて3つのブランドがあってそれぞれ特徴があります。

私ははじめシュプレモが気になったのですが、ナチュラルチョイスとワイルドレシピも同じメーカーさんが出してるとびっくり。

それぞれの、どんな違いや特徴があるのか調べてみました。

Sponcerd Link

食物アレルギー対策ならナチュラルチョイス

ニュートロの中化でもナチュラルチョイスは食物アレルギーなど繊細なワンちゃんの体調ケアを目的としたラインナップ。
アレルゲンとなりにくい原材料をチョイスしていて、タンパク質以外で大きなアレルギーの原因となると言われている穀物を不使用。
つまり、グレインフリーです。

また、糖の吸収をゆるやかにする低GI食品を使っている商品があったり、体重ケア、避妊・去勢用のフードなど本当に様々なニーズにこたえてくれるフードです。

種類豊富な素材から栄養を満遍なく摂るならシュプレモ

img_6495

シュプレモはこの3つの中でいえば一番スタンダードなフードと言えます。
15種類の自然素材を使っていて、栄養素をまんべんなく摂取できます。
アレルギーや体調管理に特に不安がないワンちゃんはとりあえずこれを選んでおけばいいと思います。

高たんぱくでグレインフリーならワイルドレシピ

img_7655

「犬本来の食生活により近い食事を」がキャッチコピーなのがワイルドレシピ。
特徴は何といっても肉が第一原料としてたくさん入っており、タンパク質を豊富に摂れます。
そして、穀物不使用のグレインフリーフード。
シュプレモをあげて食べなかったというときや、高タンパクなご飯を食べさせたいならこれです。

まとめ

ニュートロの基本ラインとしては、自然素材、ナチュラル素材を使ったドッグフードだということ。
そして、一番スタンダードなラインのシュプレモをはじめ、犬本来の食事に近いワイルドレシピ、
そして食物アレルギーや低GI食品を使ったフードなど体調管理やケアに重点を置いているのがナチュラルチョイスっていう感じですね。

基本的にどれも良いフードだと思うので、特にワンちゃんの食事で気を使わなければいけないことがないという場合シュプレモから入っていくのがいいと思いますよ。

うちもシュプレモを食べさせてみましたが、全く食いつかず2日で断念してしまいました。。

おすすめの関連記事

-ドッグフード, ドッグフードのレビュー

Copyright© チワワと一緒にいつまでも|ドッグフードから見直す室内犬の健康 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.