こんな人がこの記事を書いてます。


今年8歳になったロングコートのチワワ君と暮らしています。

うちの子がシニア犬となったのを機に、ごはんからお水、運動など普段の食生活を見直すようになりました。

⇒チワワ君の食生活で私が大事にしていること。

同じようにワンちゃんの健康の悩みや不安を抱える飼い主さんの参考になれば嬉しいです。
⇒うちのチワワ君と管理人の自己紹介

アレルギー・皮膚炎

犬の食物アレルギーの症状とよくある原因物質、アレルゲン特定の検査方法は?

更新日:

img_6028

うちのチワワくんは、
最近おしりをこんな風にあげておててをガジガジすることが増えてきました。

初めは何かアレルギーがあるのでは・・!!?と思って動物病院で診てもらいました。

 

1 - 犬の食物アレルギーの症状とよくある原因物質、アレルゲン特定の検査方法は?
獣医さん
一応このかゆみ止めの薬飲んでみますか?もしこれでかゆみが収まらないようなら、そもそもかゆくない=暇だから噛んでいるだけかもしれません。

 

一応、かゆみを抑える薬ももらいましたが、薬を飲んでも変わらずガジガジガジガジ・・。

結局ただ単に遊んでいたり、クセで噛んでたみたいです。

ただ、ワンちゃんによっては普段食べているフードに入っている特定の原料が、
アレルギーの原因物質である可能性
があります。

また、アレルギーが今のところ出ていないという飼い主さんも、
今のところは大丈夫かもしれませんが、これからアレルギーが出てくる可能性は十分あります。

そこで、今回はワンちゃんのアレルギーの原因や症状、検査方法などについて獣医さんの話や飼い主さんの実際の意見も交えて紹介します。

ワンちゃんに食べ物アレルギーはある?(室内犬を飼っている59人の方に聞きました。)

%e9%a3%9f%e7%89%a9%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc

今飼っているワンちゃんに食べ物のアレルギーはある?
というアンケートをインターネットでしてみたところ、

59人の方から回答を頂いて、そのうち7パーセントの方がアレルギーがあると認識していました。

7パーセントといったらかなり低いと感じてしまいますが、

今はたまたまワンちゃんがアレルゲン物質に出会ってないだけかもしれませんし、
食生活でもアレルギーの発症率は変わってきますしね。

潜在的に食べ物アレルギーを持ったワンちゃんはこれよりもっと多いでしょうし、
これからアレルギーになってしまう可能性はどのワンちゃんにもあると思います。

犬の食べ物アレルギーで多いのはチキンと穀物

そして食べ物アレルギーがあると答えた飼い主さんの半分が、
鶏肉がアレルギーの原因だったと答えています。

鶏肉の次に多かったのが小麦で、
中にはイカを食べると体調が悪くなる・・といった飼い主さんもいました。

チキンについては、私がよくいくペットショップの方も言っていましたね。

鶏肉はけっこう苦手なワンちゃんが多いようです。

小麦についてもアレルギーの原因物質としては有名で、
もともとワンちゃんは肉食だったので穀物はあまり受け入れないという意見もあります。

穀物を原料に一切使わないグレインフリーのドッグフードも大分浸透してきましたね。

ただ、牛肉でアレルギーが出る場合もありますし、先ほどのイカがダメだという子のように、
どんな食べ物でもアレルギーが出る可能性はあります。

食物アレルギーはどんな症状が出るのか?

 

 

img_5391-1024x768

食べ物アレルギーの症状としては、皮膚の赤みやかゆみが代表的です。

最近、ワンちゃんが身体をなめたり、引っかいたり、ガジガジ噛んだりすることがあると感じるなら、
それは食べ物アレルギーの兆候かもしれません。

症状がひどい場合には、一度かかりつけの病院で相談・検査してもらうのが確実です。
(うちの子のようにアレルギーではない場合もありますけど。。)

アレルギーがあるのか検査をするには?

img_5409-e1481253845575-768x1024

もし、ワンちゃんがアレルギーかも?という症状を見つけたら、
まずは何のアレルギーなのかを特定する必要があります。

アレルギーの特定方法というと血液検査を思い浮かべがちですが、
犬のアレルギーを特定する場合は除去食試験というものを行うそうです。

以下、獣医さんにアレルギー検査について聞いてきたときの会話です。

獣医さんにアレルギー検査について聞いてみた

1 - 犬の食物アレルギーの症状とよくある原因物質、アレルゲン特定の検査方法は?
獣医さん
除去食試験とはご飯を低アレルゲンのフードに替えることで、
今食べているフードやオヤツの中にアレルギーの原因があるのかを特定していきます。
1 - 犬の食物アレルギーの症状とよくある原因物質、アレルゲン特定の検査方法は?
獣医さん
それでよくなっていった場合は、次負荷試験っていって、
今度たとえば牛肉とか、鶏肉とか、卵とかいろいろあるので、
まぁ、代替2週間おきとかに食べさせて、かゆみとか症状が出てないか見ていくって感じですね。

この低アレルゲンのご飯食べてて、改善が無かったらたぶん食べ物は関係ないのかなと。

2 - 犬の食物アレルギーの症状とよくある原因物質、アレルゲン特定の検査方法は?
低アレルゲンっていうのは、どういうフードなんですか?
1 - 犬の食物アレルギーの症状とよくある原因物質、アレルゲン特定の検査方法は?
獣医さん
そうですね、要はアレルギーになりやすいのってタンパク質なんですよ。
タンパク質って、ラムとかシカとかっていう大きいくくりでお肉のことです。

で、お肉を細かくしていくとタンパク質、さらに細かいとアミノ酸です。

この分子量をなるべくちっちゃくしたり、加水分解したりいろいろあるんですけど、
いわゆる低アレルゲンのフードっていうのは、タンパク質を分解されやすく、吸収されやすく加工してあるのもののことを言います

2 - 犬の食物アレルギーの症状とよくある原因物質、アレルゲン特定の検査方法は?
どんな食べ物のタンパク質が大きい(=アレルギーになりやすい)んですか?
1 - 犬の食物アレルギーの症状とよくある原因物質、アレルゲン特定の検査方法は?
獣医さん
一概にはいえないですね。
低アレルゲンのフードでもラムが入ってるのもあれば、ライス、コメが入っているのもありますし、タピオカが入ってたりとか、ダックが入ってたりとかいろいろありますから。
1 - 犬の食物アレルギーの症状とよくある原因物質、アレルゲン特定の検査方法は?
獣医さん
あ、これはただフードの製造過程で(タンパク質の大きさを)変えてるってことですね。
あとは、有名所のフードの裏とか説明書きを見てもらったらいいと思いますけどね。

有名なのはヒルズとかロイヤルカナンとか、あとブルーとか。
JPスタイルとかいろいろありますけど、ようは大手のメーカーのアレルギー対策のフードをみてもらうと、
大体説明が書いてますけどね。

1 - 犬の食物アレルギーの症状とよくある原因物質、アレルゲン特定の検査方法は?
獣医さん
市販の今食べててそんなに皮膚の状態が悪くなければ、たぶん食物アレルギーでは可能性は高くないと思いますよ。

まとめ

実際にワンちゃんの飼い主さんにアンケートを取ってみた結果多かったアレルギーは鶏肉と穀物でしたが、
獣医さんによるとアレルギーが出やすいのはタンパク質(=お肉)だと言っていました。

食物アレルギーの主な症状としては皮膚が赤みがかってたり、かゆがったりするのが多いく、
もしアレルギー疑われる場合、除去食と言われる、低アレルゲンフードを2週間程度食べさせることで行います。

ただ、うちの子みたいにガジガジ手を噛んでいても、結局暇だからやってるだけっていう場合もあります。

気になる場合はまずは病院で相談してみるのが一番ですよ!

あとがき:同じフードばかりだとアレルギーが出やすい?

で、これも仲良くさせてもらっているペットショップのオーナーさんから聞いた話ですが、

「同じフードばかりあげているとアレルギーが出やすくなるから、うちの子には2~3種類のフードをローテーションであげてますよ~。」

と言っていました。

う~ん、そいうこともあるんですかね?

この件については、また改めて調査してみたいと思います。

追記:この件について調べてたので別記事で紹介します!
0

-アレルギー・皮膚炎

Copyright© チワワと一緒にいつまでも|小型犬・室内犬の食生活からペットとの暮らし全般まで。 , 2019 All Rights Reserved.