こんな人がこの記事を書いてます。


今年8歳になったロングコートのチワワ君と暮らしています。

うちの子がシニア犬となったのを機に、ごはんからお水、運動など普段の食生活を見直すようになりました。

⇒チワワ君の食生活で私が大事にしていること。

同じようにワンちゃんの健康の悩みや不安を抱える飼い主さんの参考になれば嬉しいです。
⇒うちのチワワ君と管理人の自己紹介

おすすめペット保険 ペット保険

チワワのペット保険、私ならこう選ぶ!管理人による保険選び実況中継

投稿日:

IMG 3630 1024x768 - チワワのペット保険、私ならこう選ぶ!管理人による保険選び実況中継

今回は、犬種別のペット保険の選び方チワワ編ということで書いていこうと思います。
チワワ飼ってる方でペット保険選びに回ってる方悩んでる方は是非参考にしていただければと思います。
また、ペット保険全体の詳細の情報漏らしたものについてはこちらから確認できます。

⇒こんなの誰も教えてくれない!失敗しないおすすめ犬のペット保険の比較・選び方完全ガイド

ペット保険を選ぶ6つのポイント

ペット保険については、こちらで情報を網羅しているつもりですが、
情報量があまりにも多すぎてよくわからなくなってしまう方も多いと思うので、
ペット保険を選ぶ上で私が最も大事だと思うポイント6つにまとめました。

まず初めにこの6つのポイントについて上のリンクからいちど確認してみてください。
この記事もこちらの記事を参照しながらまとめたいます。

チワワがなりやすい病気

IMG 35481 1024x768 - チワワのペット保険、私ならこう選ぶ!管理人による保険選び実況中継

チワワがなりやすい病気に関しては、これらを特に左の2冊を参考資料として利用しています。
(出典:最新版 愛犬の病気百科犬の家庭医学 最新版

加えて、実際に私がチワワ飼っていてなりやすいと思ったものやほかの飼い主さんの意見を聞いて付け加えたものもあったりしますが、
これはもちろん一般的なものなので、
実際には自分のワンちゃんに状況や状態と照らし合わせて、考えてみて下さい。
自分で判断が付きにくい場合は、かかりつけの獣医さんに相談してみるのもいいですよ。

ドライアイ、白内障、緑内障、増帽弁閉鎖不全症、肺動脈弁狭窄症、骨折、膝蓋骨脱臼(パテラ)脳炎、水頭症、アトピー性皮膚炎、マラセチア皮膚炎、パターン脱毛、レッグペルテス、環軸亜脱臼、加齢性虹彩萎縮、硝子体シネレシス、気管虚脱

チワワがなりやすい病気としては、こんな感じです。
やっぱり白内障や緑内障など目が大きいことでなりやすい病気がありますし、
小型犬特有の関節系の疾患も多いかなと思います。

あと、脳炎や水頭症など頭の病気もそうですかね。

レッグペルテスや股関節脱臼など先天性の可能性が高いような病気もあります。

あとは心臓病や気管虚脱などやっぱり肥満気味の小型犬に多いような疾患もありますよね。

また、チワワの中でもロングコート、スムースコートによって、
皮膚炎などの病気のなりやすさなども違ってくるのかなあという風にも思ったりもします。

ペット保険に関しては、病気という病気に関してはまあほとんどの保険が保険適応になるわけですが、
その中でも、免責されやすい病気というものがあったりするわけで、
その辺をしっかり確認していく必要があると思います。

特に、赤で赤文字になっている疾病についてはペット保険の中でも免責される検討されない保険が結構分かれるところです。
その辺も含めて、ペット保険各社の条件を見ていきましょう。

管理人による独断と偏見のペット保険比較

これからは、こちらの記事を参考にしながら私の独断と偏見によるチワワのペット保険のオススメを選んでみたいと思います。

これが正解というわけではありませんし、
ワンちゃんや飼い主さんの状況と照らし合わせて参考にしてもらえればと思います。

まず、ワンちゃんが何歳かによって入れる保険が違ってくるので、
ワンチャンが8歳以上であれば、まずここで入れる保険と入れない保険が自動的に決まってくるわけです。

ワンチャンが7歳からとすると、
私は上で紹介した6つのポイントから考えて、
アニコム、元気ナンバーワンスリム、日本ペットプラス、あんしんペット保険ぐらいが候補にあがるかと思います。

アイペットとイーペットに関しては、補償内容は非常に良いのですがやっぱり保険料の上昇率がネックです。
保険料さえ気にならないのであれば、良い保険だと思いますが。

アニコムも、ちょっと前までは保険料が高いというイメージがありましたが、
年齢が上がっていってからの保険料の上がり方が緩やかなので障害保険料考えると全然アリかなとも思っています。

日本ペットプラストや安心ペット保険は保険料も手軽ですし、
補償内容もつぐいん入院手術と区別なく使えるところが使いやすいです。

PS保険に関しては保険料の安さがかなり魅力的。

ただしPS保険は慢性疾患の限度額が翌年に利付債リセットされないところがネックではあります。
また、日本ペットプラスト安心ペット保険に関しては慢性疾患に対する対応は良いのですが、
上で紹介したパテラとレッグペルテスが免責対象となってるところもマイナスポイント。

慢性疾患に対してしっかり対応もしてくれて、
チワワのなりやすい疾患に対してしっかり補償してくれるのが元気ナンバーワンスリム。
レッグペルテスに関しては先天性疾患ということで保証対象外となっていますが、
それ以外の疾患に関してはしっかり補償対象となっています。

1日3千円という免責金額はついてしまいますが、
高額治療に備えるという意味では非常に優れた保険なのかなというふうに思っています。

この辺を参考にしていただいて、チワワのペット保険を選んでいただければ大丈夫かなと。

この記事で紹介したチワワにおすすめのペット保険の詳細ページ

-おすすめペット保険, ペット保険

Copyright© チワワと一緒にいつまでも|愛犬の健康から自分の食生活も見つめなおす。 , 2018 All Rights Reserved.