節約・時短情報

ネット自動車保険(ダイレクト型)は怖くない!デメリットと不安な点について。

            ダイレクト型保険に加入する方も最近増えてきましたが、

なかなか不安だったり、めんどくさかったりで車を購入したディーラーで勧められたものに
そのまま加入しているという方も多いと思います。

これはそんな今現在ダイレクト型の自動車保険を契約していない方や、
ディーラーや代理店の複数年契約の自動車保険委入っている方に向けて書きました。

ダイレクト型の不安と代理店型のメリット

ダイレクト型は担当者がいない。保障内容はちゃんとしてるの?

ダイレクト型保険が不安だという方は、おそらく担当者や店舗がないからそう感じている部分が大きいのではないでしょうか。
格安スマホのところでも書きましたが、店舗や担当者がいないということはそれだけ店舗や人件費が必要ないので、
保険料も下げることができるということです。

決して同じ条件で、品質や補償内容に違いが出るわけではありません。
実際、保険会社はダイレクト型と代理店型のどちらもパッケージを変えて販売していることも多く、
その違いは契約年数や担当者がいるかどうかの違いでしかないのです。

複数年契約がいいという方は別ですが、そうでない方はダイレクト型でも問題ないのです。
担当者がいるから安心〜という方もいますが、実際事故があったときにはダイレクト型でもオペレーターさんがきちんと対応してくれますし、
別に担当者がいてもいなくても・・という感じがします。(これは実際に事故時に経験済み。)

代理店型は担当者が契約内容を確認してくれる安心感

代理店型の自動車保険を契約する場合には、
代理店の担当者とコミュニケーションを取りながら契約内容を決めていきます。

特に自分があまり知識がなかったり、保険のことはとっつきにくいと感じている場合には、
担当者さんが契約内容について相談しながら決めていくことができるので安心感はあります。

ただ、代理店の担当者はディーラーのセールスマンだったりもするので、
決して保険のプロではないこともあるのは注意点です。

まぁ、保険のプロでなくても代理店の担当者は慣れているので、
そんなに間違ったことは言わないとは思いますが、
逆にいうと少し言い方は悪くなってしまうかもしれませんが、
自動車保険の保障内容もその程度のことなのです。

少し勉強すれば誰でも自分でこれはいる、これはいらないなど、
自分にあった形で保障内容を決めていけるのです。

自動車保険はややこしそうだが、ポイントだけ抑えればそんなに難しくないし複雑でないのです。
また、自分でやったほうが無駄なく必要な特約もカスタマイズできます。

そう考えると、インターネットで完結するダイレクト型保険の方でも問題ないですし、
そちらの方が保険料も大分安くなるんですよ。

まとめ

ということで、今回は現在代理店型の自動車保険に入っている方に向けて、
次回の更新時には一度ダイレクト型も検討してみることをおすすめします。

自動車保険は保障内容もそれほど複雑でないですし、
インターネットで契約した方が保険料も安いです。

複数年契約はできなくなりますが、
そこにあまりこだわりがない方は、是非一度ダイレクト型保険の見積もりを取ってみてください。

0

-節約・時短情報

Copyright© チワワと一緒にいつまでも , 2019 All Rights Reserved.