節約・時短情報

使わず持っておくだけでOKなクレジットカード|2枚目やサブカードにも最適

以前クレジットカードは一枚に絞って使った方がポイントも溜まりやすいし管理もしやすく、
クレジット会社の信用も得やすいという話をしました。

確かに実際に使うメインカードは一枚か多くても2枚くらいに絞った方が良いと思うのですが、
クレジットカードの中には持っているだけで様々な特典が受けられるカードが存在します。

しかも年会費が無料のものならば、発行だけして置いておくだけでもお金は一切かかりませんし、
カードの特典だけを受けられるというスペシャルなカードがあるんですね。

今回はそんな年会費無料でステキな特典のあるクレジットカードについて紹介していきます。

スポンサーリンク

海外旅行保険付きのクレジットカード

ご存知の方も多いと思いますが、クレジットカードについてくる海外旅行保険は自動付帯と利用付帯と、
保険が発動される条件が2パターン存在します。

利用付帯は保険が適用されるクレジットカードで旅行の代金を決済した場合のみが適用条件となっており、
自動付帯はカードを使わなくても持っているだけで自動的に適用される(つまり条件無しで適用される)といったものです。

このブログでは幾度となく言っていますが、クレジットカードは何枚も使い分けるべきではありません。
1つのカードにポイントも信用も集約させたほうがメリットが大きいからです。

なので、利用付帯になるといちいちそのカードで決済する必要があり、
メインカードを別で使っている場合、ポイントや信用が分散してしまいます。

なので、できるだけ持っているだけで保険が適用される自動付帯のもので、
かつ年会費無料のものであれば、発行さえしておけば後は持っておくだけでいいのです。

その条件に合致したカードが下の4枚。

  • エポスカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W
  • REXカード

エポスカード以外はすべて還元率が1%以上の高還元カードでメインカードとしても十分利用できます。
特にREXカードは1・25%の還元率で、全クレジットカードの中でも(おそらく)ナンバーワンです。
ただし、ポイントが一番使いやすいのは0.5%の還元率ながらプリペイドカードにポイントをチャージできるエポスカード。
一定の年間利用額を超えれば、なんと年会費無料のゴールドカードインビテーションが届きます。
年会費無料ながら全国の空港ラウンジが利用できたり、実はすごいカード。
ちなみに私もメインで使っています。

楽天で良く買い物をするなら楽天カードでもいいですが、
買い物量によっては、初めから楽天ゴールドカードにしたほうがお得な場合もあるので、
この辺は比較しながら要検討です。

個人賠償責任保険が格安でつけれるクレジットカード

まず、個人賠償責任保険は、日常生活の中で他人にけがをさせてしまったり、
他人の物を壊してしまって法律上の賠償責任が生じた場合に補償される保険のことです。

買い物をしていてお店のものを壊してしまったとか、飼っている犬が他人に噛み付いてしまってけがを負わせてしまったなど、
日常生活の中での事故に対して備えることができます。

最近では自転車事故による歩行者への重大事故などがあったことから、
各市町村によって自転車保険への加入の義務化が進められていますが、
この個人賠償責任保険に入っていれば、あえて自転車保険に入る必要もないのです。(補償内容が十分かどうかは確認しておく必要があります。)

いくつかのクレジットカードにはこの個人賠償責任保険と同じ保障である、
個人賠償責任特約という特約がつけられるカードがあります。
それがこの3つです。

  • 三井住友エブリカード
  • JCBカード(全般)
  • イオンカード

ただ、先ほどの海外旅行保険が自動付帯、つまりカードを持っているだけで適用されたのに対して、
個人賠償責任特約の場合にはいずれも任意で加入する必要があり、月々100円~300円程度の保険料がかかります。

全て年会費は無料なので、特約をつけても月100円~の出費で済みますよ。
JCBカードに関しては年会費がかかるカードもたくさんありますが、
先ほど海外旅行保険のところで紹介したJCB CARD Wは年会費が無料です。

カードの詳細や保険の加入の仕方などは下のリンクのページが詳しいので確認してください。

⇒個人賠償責任特約のついているおすすめクレジットカード

空港のラウンジが無料で使えるクレジットカード

特定のクレジットカードを持っていると、空港のラウンジサービスを無料で利用できます。
ちなみにこれは羽田空港の国内線ラウンジ。

すぐ目の前を飛行機が止まっていたり、
内装も非常にラグジュアリーでお洒落なカフェといっても過言ではない感じ。

8687258D A2A3 4109 AFF8 BF5FC74AA770 1024x768 - 使わず持っておくだけでOKなクレジットカード|2枚目やサブカードにも最適

しかも、こんな感じでコーヒーを始めドリンク類の種類も豊富。

65D4DE5A 3BE2 434F 8012 BC7F1BB948F9 1024x768 - 使わず持っておくだけでOKなクレジットカード|2枚目やサブカードにも最適

もちろん、電源やWi-fiも完備でパソコンを持ち込めば、普通に仕事できてしまいます。
ちなみに普通は利用するのに1080円かかるのですが、
特定のカード会社のゴールド以上のカードを持っていればいつでも無料で利用できてしまうんです。
そして、そんな特典が年会費無料でついてきてしまうスペシャルなカードがあるんです。
それがこの2つ。

  • エポスゴールドカード
  • イオンゴールドカード

基本的に有名どころのゴールドカード以上ならほぼどれでもいけるんですが、
だいたい年会費はかかってきますよね、まぁ、そりゃぁゴールドなんですから・・・。

しかし、上の2つのカードはゴールドカードなのにも関わらず、
特定の条件を満たせば年会費が永年無料で持てるのです。

その条件は、まぁ簡単にいうとどれだけカードを使ったかです。(もちろん金額ね。)
それ以外にも支払いの滞りがなかとか、信用面でも見られるみたいですが、金額的には年間50万円とかっていう情報もあるみたいです。
実際に私もゴールドカードのインビテーションを受けましたが、おそらくそれくらいだったかなぁと。
ちなみに招待を受けずにいきなりゴールドカードへ申し込むと年会費がかかってしまうので注意です。
年会費無料で持つことを目指す場合には、まずは一般のエポスカードから取得してゴールドへのインビテーションを待ちましょう。

次にイオンのゴールドカード。
これもイオンの一般カードを利用していて一定の条件を満たせばゴールドカードへのインビテーションが届きます。
エポスカードについては公式サイトではゴールドへのインビテーションの基準が示されていないのに対し、
イオンカードについては直近の利用が100万円以上などある程度条件が開示されています。
エポスカードとの違いは、必ずイオンカードからのインビテーションでないと持てないこと。(いきなりゴールドへの申し込みは不可。)

また、空港ラウンジは羽田空港などエポスカードと比べると場所が限定されること。
その代わりに、インモールにあるイオンラウンジが無料で利用可能だということです。

この二枚のカードは年会費無料でゴールドカードが持て、
かつ空港ラウンジも無料で利用できるので、取得を目指して頑張ってみるのもありだと思います。

年会費を払ってでも今すぐゴールドカードを取得した方がいい場合

ここまではあくまで年会費無料にこだわってカードを紹介していきましたが、
実際、ゴールドカードを年会費無料で手に入れるためにはカード会社のインビテーションを受ける必要があるため、
ある程度時間がかかるのは仕方がありません。

ですが、実は直近で飛行機にのる予定がある方は年会費がかかったとしても今すぐゴールドカードを発行するのがおすすめ。
なぜかというと、年会費二千円前後で加入できるゴールドカードがあるからなんです。
ところで、先ほど紹介した羽田空港のラウンジの一回あたりの利用料金が1080円でした。
つまり、行き帰りの往復でラウンジを利用すれば2160円とたった1往復で元が取れてしまうんですね^^;

ちなみに、2000円前後の年会費で加入できて、
国内線の主要空港や海外ではハワイなどの空港でラウンジが無料で利用できるようになるのは、楽天ゴールドカード。
年二回までという制限はありますが、年会費2160円で持つことができます。
ただ、限度の年2回使っても結局費用対効果はトントンなので、正直空港ラウンジのみのためだけに持つ意味はないのかなと^^;

楽天市場をよく利用する方は、楽天ポイントもよく溜まるのでいいと思いますが・・・。

なので、それこそ頻繁に飛行機で出張する方とかは、10000円くらいの年会費のゴールドカードを取得してもいいかもしれないですが、
そうでないなら、やっぱり年会費無料になるゴールドカードのインビテーションを狙った方がいいかもですね

そう考えると、国内主要空港のラウンジが無料で利用できるエポスカードってすごいなぁ・・としみじみ思いますね。

ロードサービスのついたクレジットカード

次にロードサービスのついたクレジットカードについて。
ロードサービスはよく自動車保険の特約でつけれたりするんですが、
簡単にいうとJAFのサービスというとわかりやすいと思います。
道路で起こった車のトラブルに迅速に対応してくれるサービスです。

そのロードサービスがついているカードがこの2つ。

  • ロードサービスVISAカード
  • ENEOSカード
  • CLUB AJカード
  • JTB旅カード

ENEOSカードで年会費1250円(初年度無料)で、それ以外のカードがそれぞれ年会費2000円となっています。年会費の値段だけでいえばENEOSカードがお得な感じですが、ロードサービスの内容もそれぞれ違うので、なんともいえません。

この辺りはまたしっかりと詳細は調べていこうとおもいますが、どれかを持てば自動車保険で加入しているロードサービス特約を外せるのでその分自動車保険の保険料は安くなります。

年会費と比較してトントンかそれ以上はお得になる可能性は大いにありますね。

その他特典がついているクレジットカード

最後に、一風変わった独自の特典がついているおすすめカードを紹介します。

まず1つ目が無印良品が出しているMUJIカード。
なんと、持っているだけで年2回500ポイント(計1000ポイント)が無条件でもらえます。
さらに、誕生月には500ポイントがもらえ、合計年間1500円分のポイントがもらえるという。
しかも、年会費は無料。
つまり、持ってるだけで無印で1500円使えるポイントが毎年もらえるという破格のカードなのです。。
無印好きは絶対に持っておくべきカードですね^^

2つ目はエポスカード。
この記事でも幾度となく出てきたエポスカードですが、
提示するだけで全国指定の飲食店、遊園地、映画館、カラオケ、エステ、温泉、スパ・・・などが割引になります。
もちろん、年会費は無料^^;
ゴールドカードの年会費無料インビテーションといい、本当にエポスカードはかなりお得ですね・・。

0

-節約・時短情報

Copyright© チワワと一緒にいつまでも , 2019 All Rights Reserved.