犬・猫の膝蓋骨脱臼(パテラ)が対象となるペット保険と事例別こんなときどうなるの?

ペット保険

膝蓋骨脱臼が保証の対象となっているペット保険会社についてまとめました。

こちらのペット保険の比較・選び方ガイドでも簡単に書いていますが、
「実際にこんなときはどうなるの?という場合や状況」についてなどここではより突っ込んだ内容を紹介したいと思います^^

スポンサーリンク

 

膝蓋骨脱臼が補償対象となるペット保険

膝蓋骨脱臼が補償対象となるペット保険会社はこの7社です。

これ以外の保険会社ではそもそも膝蓋骨脱臼自体が問答無用で保障対象外(免責)となっています。

こんな場合どうなの?

上の7社が先天性や遺伝性でない場合、膝蓋骨脱臼を保障してくれるペット保険となりますが、次はもっと細かく突っ込んだ事例や状況の場合についてどうなるのか?というところをみていきたいと思います。

実際にペット保険会社さんに問い合わせをして聞いてみました。

病歴はあるがすでに完治をしていた場合

保険加入前に膝蓋骨脱臼をしていて、手術や治療をして完治をしたという診断を動物病院の先生からもらった場合でも、免責となってしまうんでしょうか?

この場合、上記7社に問い合わせをしてみましたが、ほとんどの会社で完治をしたという診断があったとしても過去に病歴としてあれば基本的に膝蓋骨脱臼は免責事項とされてしまうという答えでした。
その中でもPS保険は可能性は低いと前置きはありましたが、本当に完治をしたという診断があれば条件がつかない可能性もあるようです。

そして、イーペット保険については「完治をしていれば完治後3カ月間を空けて加入が可能」という明確な答えがもらえました!
他の保険会社がみんな口をそろえて「無理です」という答えの中でこれだけしっかりとした答えをもらえたのは正直びっくりしまいした^^;

そこで、ちょっと突っ込んで「そうはいっても難しいんじゃないですか?」と聞いてみても、「そういった例もありますし、完治していてその後3カ月空けて頂ければ大丈夫ですよ。」とのことです(^^)/
これはかなり心強いですね^^

膝蓋骨脱臼が完治していれば補償される可能性のあるペット保険会社

発症した膝ではない方の膝は補償対象となるのか

もう一つ気になるのが、例えば右足で膝蓋骨脱臼になった場合、両足とも免責となってしまうのでしょうか?

普通に考えれば、別の足なんだから保障してくれてもいいだろ~と思ってしまいますが、
これもまた片方なってしまった場合には両足とも保障されない(免責される)ペット保険会社が多かったです。

ただ、その中でもPS保険、イーペット少額短期保険の3社は別々に審査をしてもらえるという回答をもらえました。
FPCに関しては、基本的にはNGではないが、かなり難しいという黒に近いグレーな感じの答えでしたね^^;

片方ずつ別々に考えてくれるペット保険会社

まとめ

会社名 保険加入前に完治している場合の補償 片方ずつ別々審査
アニコム ×  ×
アイペット ×  ×
au損保 ×  ×
PS保険
げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー) ×  ×
FPC × ×
イーペット少額短期保険  〇

ではここまでのことをまとめたのが上の表です!

全体的な傾向としては、ケガなどによる後天性の膝蓋骨脱臼を片方でもやったことがある、または現在治療中の場合、
膝蓋骨脱臼可のペット保険会社であっても、多くは加入時に両足とも保証対象外(免責)となるということでした。

その中でも、イーペット保険とPS保険は唯一片足発症していても片足ずつ審査をしてくれますし、
イーペット保険に関しては、さらに一度発症歴があっても完治しているという病院の診断さえあれば3カ月間を開けて加入が可能だということです。

⇒PS保険の詳細へ

⇒イーペット少額短期保険の詳細へ

この2社は膝蓋骨脱臼に関して特に保障が厚いといえますね^^

2+

コメント

  1. 管理人 より:

    P.S.ちなみにこれはまだブログでも書いてないのですが、うちの子もグレード1の膝蓋骨脱臼との診断をこの前受けました^^;
    なので、うちもグルコサミン・コンドロイチンサプリ飲ませ中です( ;∀;)

    0
  2. 甘栗 より:

    はじめまして。チワワ君のパパさんのパテラのペット保険の比較、大変参考になりました。ありがとうございます。我が家には現在3歳になるトイプードルの男のコが居ます。ペット保険の変更を考えていて、パテラの保険が対象となるところをさがしています。保険に詳しくなくて、ご存知なら教えていただきたいことがあります。先天性や遺伝が対象外になるのはわかるのですが、それはどうやって判断されるのでしょうか?実はペットショップで購入時に 左後脚 パテラII とありました。その時はあまり気にしていなかったのですが、ネットなどで調べると小型犬のなりやすい病気?と知り、慌ててしまいました。今のところは問題なく、獣医さんから予防にいいと言われたグルコサミンの入ったおやつなどを食べさせています。問題のない右脚はPS保険で対象になるのか、ならなくても、現在の保険が通院の度に3000円の免責があるので、通院には向いてない気がするので、新しい保険会社を…、と。
    お散歩好きなワンコと、ず〜っとボール遊びをしたいので、よろしくお願いします。

    0
    • 管理人 より:

      甘栗さん

      こんにちは!
      コメントありがとうございます^^

      トイプーの男の子がいて、膝蓋骨脱臼が対象となるペット保険を探してらっしゃるんですね( ^ω^ )
      まず、先天性、遺伝性かまたはそうでないのかの判断基準ですが、これは獣医さんの判断だと思います。
      病気の専門的なことはちょっとわかりかねますが、私も今回馬尾症候群で獣医さんにその辺を聞いてみたところ「保険加入後の発症なので大丈夫だと思いますよ。」という感じで言われました。(※ただ、これに関しては現在保険請求中なので、結果はまだ分かっていません。結果が分かり次第こちらでも報告するので、良かったらこちらの記事をチェックしておいて頂けたらと思います^^⇒【※現在進行中】ペット&ファミリーに保険金を申請してみた!保険金請求手続きのやり方と受け取りまで。

      なので、股関節形成不全などはじめから先天性の場合が多い病気などは除いて、基本的に保険加入前に症状が出てきたのであれば大丈夫なのかなと個人的には思っています。
      あとは獣医さんの判断によるとしか現段階では分からないですね^^;

      トイプーちゃんは現段階で膝蓋骨脱臼と診断されているのであれば、記事にもありますが新たにPS保険に加入する場合、発症していない方の足は別々に審査してもらえるはずです。

      ただ、通院で3000円の免責金額があったとしても、最終的に手術まで考える場合があるのであれば今の保険でもいいのかな~と個人的には思います。。
      結局新しい保険に入ると発症後の左足の保障は受けられない(既往症の場合は免責される)可能性が高いわけですので・・^^;

      これから悪化したとしても最終的に手術までは考えないのであれば、PS保険の検討もいいのかなと思いますが、そもそも膝蓋骨脱臼ってそれほど通院が多い病気なのかは分かりません^^;
      うちの子は馬尾症候群と診断を受けて毎日痛み止めの薬を飲んでますが、2週間分とかを一気にもらっているので免責金額の3000円もあまり痛くない感じです^^;

      そのあたり、一度かかりつけの獣医さんにまずは相談してみるのがいいかもしれません^^
      ペット保険の詳しいところまでは知らない先生も多いかもしれませんが、今回のような話をすれば先天性か遺伝性かなどの判断も含めて、色々アドバイスもらえると思います^^

      0
      • 甘栗 より:

        返信ありがとうございます。バタバタしていて、こちらから質問したのに返答が遅くなり申し訳ありません。色々な保険の資料を取り寄せて見たものの、やっぱりチワワ君のパパさんの説明が1番わかりやすいです。寒くなってきて、お散歩の時の歩き方が何となく気になり獣医さんへ行くと、膝蓋骨脱臼の症状とのことでした。手術してもしなくてもどちらでも良いと言われ、他の獣医さんやトリマーさをに相談すると、このぐらいなら手術しない人の方が多いというお話でした。ワンコ自身も痛がっていないので、暫く様子をみようと思います。うちのコはすごくビビり屋さんなので、痛い思いをしなくて済めばいいのになぁと。
        小型犬を飼うのは初めてなので、まだまだ知らないことがたくさんあります。また相談に乗っていただけると有難いです。
        ありがとうございました。

        0
タイトルとURLをコピーしました