食べるの大好きぽっちゃり系チワワ君の健康管理と飼い主の日々の気づきをシェアします。

チワワと一緒にいつまでも|愛犬の健康と飼い主の日常をつれづれと。

スポンサードリンク




ドッグフード ドッグフードの基礎知識

ドッグフードも外国産より国産の方が安心?原産国表示に全く意味がない理由

更新日:

私たちの暮らし中では国産神話が根強くあり、
海外産より国産の方が安全というイメージがありますが、
ドッグフードでもそ一緒なんでしょうか?

そもそも、国産だから安心~だとか、原産地が~だから安心ということ自体が、実は全く意味のないことである・・というお話です。

国産ドッグフードでも安価で大量生産されたものが多くある

35216dca116c58ec61233609c3c3df83_s

ホームセンターやスーパーなどでは国産のドッグフードがたくさん売られていますが、
どれも価格が驚くほど安く裏の成分表示を見てもとても良いものを使っているとは思えない原材料が並んでいます。。

もうこんなに原料がずらずらと並んでいる時点で化学物質満載なのは明らかです。

いくら国産だからといって、価格がこれだけ安いということは原材料に質の良いものは使えません。

だって、利益が出なかったら企業は売る意味ないですからね。

また、原材料だって海外から輸入して、
最終加工をちょろっと日本でやれば国産と表示できるという成分表示のからくりがあります。

ドッグフードの国産表示は何の安心材料にもならないのです。

海外産のドッグフードの方が質が良く価格もそれなりにするものが多い印象

それでは、海外産なら逆に安心かというとそんなこともありません。

重要なのは、国産だろうが外国産だろうがそんなことはどうでもよくて、

しっかりと裏の成分表示は確認する

これは最低限しておかなくてはいけません。

そして、最終的には購入するメーカーが信頼できるかどうかというところを確認します。
(ワンコ仲間など信頼できる人のおすすめなどを聞くのが一番です。あと、ペットショップの店員さんと仲良くなれば、けっこういろんなこと教えてくれますよ。実際にワンコを飼ってる方も多いですからね。獣医さんなどお医者さんの意見は、契約しているドッグフードなどおすすめするものが決まっている可能性もあるので、ちょっと気を付けた方がいいですね。)

そういったことをふまえて海外産のものを見ていくと、
スーパーやホームセンターなどで購入する場合は外国産のドッグフードの方が質の良いものが多いと思います。

しかし、これも決して国産より外国産の方が良い!と言っているわけではなく、
最終的には商品ごとに信頼できるかどうかをチェックしていく必要がありますよ。

ドッグフードは原料の産地もチェックするべきだが・・・

上で少し紹介しましたが、ドッグフードの原産地はパッケージに表示が義務付けられています。

ただし、原産地とはドッグフードの「最終加工工程を完了した国」とされていて、
もともとの原料はどこか海外から輸入したものでも全く問題ないわけです。

これって本当によくわからない部分です。

原産地の明示化を義務付けるなら、原料の産地までしっかり表示しないと意味がないと思いませんか?

極端な話、材料をすべて海外から輸入して、それを混ぜ合わせるだけを日本の工場で行っても、国産と表示できるんです。
国産の原料は1つも使ってないのにですよ。。

原料の産地まで公表しているところはほとんどない

中には、

「このフードの原料は全て国産のものしか使っていません」

「このフードに含まれる原料は全て~産のものを使っています」

など自主的に表示しているドッグフードもありますが、
原材料の産地までしっかりと表示しているフードは残念ながらほとんどありません。
(少なくとも私は見たことがありません。)

中国産の原料はどうしても避けたいと思っても・・・

908c4ae936ba708bf14c12b83838aaec_s

約10年前の2007年にアメリカで中国産の小麦グルテンを使ったペットフードにメラミンが混入しており、
飼っていたペットが大量に死んでしまうというショッキングなニュースが流れました。

そのあとペットフードはリコールされて回収されましたが、
このペットフードを作ったのはカナダのメニュー・フーズ社です。

もちろん、原産国にはカナダと記載されていたはず。

それでも、中国製の材料が入っていて、多くのワンちゃんたちの尊い命が失われてしまったわけです。

わたしの個人的な意見として、中国製の原材料を使っているフードは食べさせたくないと思うのですが、
現時点では私たち消費者がフードの原料の産地まで確認して購入することはできないのです。

韓国製になったロイヤルカナンに対するアレルギー反応が滑稽

8cef3c96e6fb95f20c85acf5fba75e7a_s

最後にドッグフードの原産地に関する最近のニュースを1つ紹介します。

2014年にフランスのロイヤルカナンの製造工場が韓国に作られるということで話題になりましたね。

それに伴って、ロイヤルカナンを利用するのをやめるといった声が多くありました。

原産地がフランス⇒韓国製になったから買わないというのがいかにナンセンスかということが、
この記事を読んだあなたなら分かると思います。

まとめ

ドッグフードを選ぶ際に原産国を気にしても、
直接ドッグフードのもととなる原料はどこから輸入しているのか分りませんよというお話でした。

ペットフード安全法というペットフードに関する規制ができましたが、
パッケージに表示することが義務付けられているのはドッグフードの原産国(最終加工した国)だけです。

とにかく安い原料を世界中から集めて、最終的に日本で調合して最終加工すればそれは国産のフードです。
日本の原料を全く使ってないのにも関わらずです。

消費者の立場からすると原産国だけでなく、原料の産地までしっかり記載しないと全く意味がありませんよね。

おすすめの関連記事

-ドッグフード, ドッグフードの基礎知識

Copyright© チワワと一緒にいつまでも|愛犬の健康と飼い主の日常をつれづれと。 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.