おうちで飼っているワンちゃんの健康を普段食べているドッグフードから考える。

チワワと一緒にいつまでも|ドッグフードから見直す室内犬の健康

スポンサードリンク




こんな人がこの記事を書いてます。


今年7歳になったロングコートのチワワ君と暮らしています。

うちの子がシニア犬となったのを機に、ごはんからお水、運動など普段の食生活を見直すようになりました。

同じようにワンちゃんの健康の悩みや不安を抱える飼い主さんの参考になれば嬉しいです。
⇒うちのチワワ君と管理人の自己紹介

普段の飼い主はこんな生活してます(;´∀`)⇒飼い主の日常
ツイッターのチワワ君アカウントのタイムラインです♪⇒チワワ君の日常

ドッグフード ドッグフードの基礎知識

【チワワの疑問】去勢後・避妊後はドッグフードを変えるべき?専用フードとの違いは?

投稿日:2016年12月12日 更新日:

img_6251

うちのチワワ君は小さいころに去勢手術をしています。

去勢手術をするといろいろな体の変化があると言われていますが、ドッグフードも去勢犬用のものがあったりしますよね。
ですが、「去勢犬専用フードって何が違うんだろう?」って思いませんか?

実際、去勢犬専用フードといっても体重管理が主でダイエットフードと変わらないという場合も多いです。
しかし、体重管理以外でも特徴があるフードもあったので、何が違うのか?を紹介していきたいと思います。

Sponcerd Link

去勢・避妊後の変化

去勢や避妊手術をした後の変化として代表的なものが性欲が減退する分、食欲が増し太りやすくなるというもの。
避妊後は体の代謝が落ちてカロリー消費が減るとも言われています。

なので、避妊をしたワンちゃんは運動をさせたり、食事を減らしたりすることが奨められますよね。
うちのチワワ君も運動させた方がいいんですけどね・・運動キライで食欲も旺盛なもので。。

去勢後は専用フードにするべき?

去勢後も手軽にカロリー制限ができるようにカロリーが抑えられたダイエットフードや、去勢後のワンちゃん専用のドッグフードもあるみたい。

去勢専用のフードとダイエットフードは何が違うんでしょうか?

去勢後の専用フードはダイエットフードと何が違うのか?

カロリーを減らすという目的が一緒なため、ダイエットフードと去勢犬用のフードを一緒にしているメーカーも多い。

また、シニアになってくると増える関節の疾患や心臓、腎臓など臓器のケアなどの成分も一緒に入っているフードもあります。

去勢した後でも去勢専用フードにする必要はない

img_6491
(※0歳から6歳まで食べていたドッグフード)

去勢をした後でもうちのチワワ君は一般的なチワワ用のドッグフードを食べて元気に暮らしています。
確かに去勢をした影響からか食欲も非常に旺盛ですし、体重も4.5キロと普通のチワワよりも重いです。

ただ、いたって健康ですし特別去勢後専用フードにする必要はそれほどないのかなと思います。
もちろん、気になる方は全然利用してもらっていいんですが、全員にマストというわけではないです。

まとめ

去勢後の大きな変化は太りやすくなるということです。

そのためにカロリーを押さえたフードが去勢後専用フードとして販売されています。
ただ、ダイエットフードと同じパッケージで売っているメーカーも多く、去勢専用フード=ダイエットフードのようになっているのが現状。

また、カロリー制限の他にも関節ケアや心臓などこれから疾患の出てきやすい臓器をサポートする成分が入っている場合もあります。

気になるならチェックしてみてもいいですが、ワンちゃんが去勢したからといって必ずしも去勢専用フードを食べさせる必要もないのかなと思います。

おすすめの関連記事

-ドッグフード, ドッグフードの基礎知識

Copyright© チワワと一緒にいつまでも|ドッグフードから見直す室内犬の健康 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.