食べるの大好きぽっちゃり系チワワ君の健康管理と飼い主の日々の気づきをシェアします。

チワワと一緒にいつまでも|愛犬の健康と飼い主の日常をつれづれと。

スポンサードリンク




こんな人がこの記事を書いてます。


今年7歳になったロングコートのチワワ君と暮らしています。

うちの子がシニア犬となったのを機に、ごはんからお水、運動など普段の食生活を見直すようになりました。

同じようにワンちゃんの健康の悩みや不安を抱える飼い主さんの参考になれば嬉しいです。
⇒うちのチワワ君と管理人の自己紹介

普段の飼い主はこんな生活してます(;´∀`)⇒飼い主の日常
ツイッターのチワワ君アカウントのタイムラインです♪⇒チワワ君の日常

犬の病気・健康 病気・症状

【※閲覧注意】チワワ君の悪化した趾間炎を動物病院で診てもらってきた。

投稿日:2017年2月13日 更新日:

以前、しきりに指を舐めるので見てみたら、指の間や肉球が赤くなる指間炎になっているのではないか?という記事を書きました。

参考:犬の肉球の間が赤いのはなぜ?犬の指間炎の治し方とおすすめシャンプー

その後、少し様子を見ていたのですが最近以前にも増してあのおしりを上げたポーズをしてお手てを舐めまくっていました。

さすがに「これは舐めすぎだろう・・」ということで確認してみると、案の定以前よりも悪化してしまっていました。。

Sponcerd Link
以前のチワワ君のおてて
今回のチワワ君のおてて

今回の方が赤みもましてますし、ちょっとただれてる感じにも見えて痛々しいです・・・。

これはいかんということで、すぐに病院へ行ってきました。

良い機会なので指間炎以外にも気になることをいろいろ聞いてみる

今回メインで診察してもらうのは指間炎についてですが、その他にも目の表面に傷がついてるっぽいことや、鼻の下と顎の下の赤みなども少し気になっていたので聞きたいことはまとめて聞いてみました。

今回は指間炎のことを書きますが、また別記事でこれ以外のことも書きたいと思います。

指間炎について

指間炎の考えられる原因は?

獣医さんによると、考えられる原因はアレルギーと細菌感染の2つがあるみたいです。

アレルギー

やっぱりうちのチワワ君のように皮膚の症状が出るワンちゃんはアレルギーを持っている子が多いみたい。
もともと皮膚の防御力が弱いというか・・。

ちょっとしたことで炎症や感染を起こしやすいですし、それで皮膚炎を繰り返してしまいます。
あとは先天的、遺伝的にも皮膚が弱いっていうのもあるかもしれないですけど。

では、主な原因として食べ物である場合食べ物でない場合とでそれぞれ紹介します。。

食べ物が原因の場合

チキンやビーフ、穀物など特定の食べ物が原因の場合にはアレルゲンとなっている食材を食べるのを控えること、またはそいうった食材が入っているドッグフードを食べないことです。

食べ物以外の場合

周りの環境にあるものに対してアレルギーが出ている場合とかです。
ハウスダストとかですね。
この辺は部屋をできるだけ清潔にするくらいしか、けっこう防ぎようがないですが。

ある程度季節性があって、良いときと悪い時を繰り返しているっていう可能性もありますが、ただやっぱり舐めること自体が刺激になって皮膚が赤くなってっていうこともありますしね。

アレルギーがあるかどうかを調べるには?

アレルギーがあるかないかを調べる方法は血液検査です。

たくさんの項目に対してそれぞれプラスかマイナスかで出るやつなんですけど、必ずしもプラスで出たやつが今のかゆみの原因になっているとは限らないのがもどかしいところ。

100項目近く調べるので何かしらアレルギーがあるっていう項目はいくつか出るんですが、それを全部避けないといけないかっていうとそうとも限らないみたい。

食べ物であれば、やっぱり最後は除去食検査で地道に違うものをつぶしていくしかアレルゲンをしっかり特定するのは難しいです。

ただ、血液検査で明らかにすごく強いアレルギー反応が出てる項目とかがあるんだったら、それは避けておいた方が無難は無難。

そういった意味である種の参考にはなるかなぁって感じらしいですね。

参考にはなりますが、必ずしも今のかゆみの原因を確定するものではないということです。

細菌感染

細菌感染とかカビとかが原因で皮膚炎が起こることもあります。

うちのチワワ君はしきりに足裏を舐めていますが、舐めるせいでカビが増えたりして皮膚炎を起こすこともあるそうです。

肉球の間と間はカビが増やすいところではあるので、皮膚の弱い子は特にカビが増えることが多いですしね。

足裏はよくカビが増殖してカビ性の皮膚炎になりやすい部位なので、足裏をしきりに気にするようであれば、カビがいないかどうか皮膚の検査をして一度調べてみてもいいかもと勧められました。

真菌(カビ)や細菌感染のときに気を付けること

真菌や細菌感染が原因で皮膚炎が起こっている場合は、できるだけ足先だけでもこまめに洗ったり清潔にした方がいいです。

皮膚のことはどうしても体質も関係してきますし、慢性化しやすくずっとうまく付き合っていくいかないといけない場合も多いですからね。

足裏を洗うシャンプーはどんなのが良い?

シャンプーは人間用ではなくワンちゃん用の方がいいです。
やっぱりワンちゃんの方が皮膚がデリケートなので、それ用に成分も考えて作られているから。

真菌(カビ)に対応しているマラセチアに対応している抗真菌シャンプーもあるんですが、

マラセチアが増えやすいとか常在的にマラセチアが増えている皮膚の子には抗真菌シャンプーなど対応シャンプーを常に使ってあげてもいいかもしれないですが、

抗真菌シャンプーはマラセチアが原因でない子に対してはあまり使わない方が良いかもしれません。

そういったマラセチアをやっつける用のシャンプーって殺菌力や洗浄力は強いんですけど、その分皮膚が乾燥しやすくて洗った後カサカサに荒れやすいんですよね。

なので、マラセチアがいないんだったらもっと他に保湿性の高い犬用シャンプーがありますし、そっちの方が皮膚には優しいですね。

カビがいるってなった場合には、手足だけでもコラージュフルフルのようなカビをやっつけるシャンプーを使った方がいいです。

細菌検査の結果

と、いうことで細菌の検査をしてもらいました。

皮膚検査は皮膚の表面にカビやダニや細菌なんかがいるかいないかを調べる検査。

白いセロテープでチワワ君の足の裏、肉球の組織を採取する獣医さん。

染色して顕微鏡で調べるそうです。

 

ーーーーーーーーーーおよそ10分後ーーーーーーーーーー

 

結果、

マラセチア真菌(カビ)はいませんでした!

代わりに常在菌の球菌がちょっと多めとのこと。
それに伴って白血球も少し多いということも言われました。

確かに、おててにいる菌は通常よりも多めだったみたいですが、抗生物質を飲んだり注射をするほどでもないとのことだったので、ちょっと足裏を清潔にすることを心がけて様子をみることにしました

これから一週間に1回は手だけシャンプーをして清潔に保ちたいと思います。

うーーん、これ以上悪化しないでおくれ~。

おすすめの関連記事

-犬の病気・健康, 病気・症状

Copyright© チワワと一緒にいつまでも|愛犬の健康と飼い主の日常をつれづれと。 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.