食べるの大好きぽっちゃり系チワワ君の健康管理と飼い主の日々の気づきをシェアします。

チワワと一緒にいつまでも|愛犬の健康から自分の食生活も見つめなおす。

こんな人がこの記事を書いてます。


今年8歳になったロングコートのチワワ君と暮らしています。

うちの子がシニア犬となったのを機に、ごはんからお水、運動など普段の食生活を見直すようになりました。

⇒チワワ君の食生活で私が大事にしていること。

同じようにワンちゃんの健康の悩みや不安を抱える飼い主さんの参考になれば嬉しいです。
⇒うちのチワワ君と管理人の自己紹介

ペット保険 各ペット保険会社の紹介

【2018年度:FPCペット保険の口コミ・評価】デメリットは記載されていない免責疾病の不安。

更新日:

 

IMG 2243 1024x768 - 【2018年度:FPCペット保険の口コミ・評価】デメリットは記載されていない免責疾病の不安。

できるだけ安いペット保険を・・というと必ず名前が挙がるのがFPCのフリーペット保険。

実際に保険料だけでいえばペット保険会社のうちで最安ですが、安いだけで選んでしまっては痛い目を見るのがペット保険。

今回はFPCについて特徴やメリット、デメリットについてまとめました。

FPCペット保険の口コミ・評判

良い口コミ

  • 保険料が安い・多頭飼いには助かる
  • 保険の内容がシンプルで分りやすい

良い口コミはやはり保険料の安さを挙げる声が圧倒的に多かったですね。
また、保障内容もシンプルで分りやすいという意見もちょこちょこありました。


まぁ、確かに安いですよね~。

悪い口コミ

  • 保険料の支払いが遅い・審査が厳しい
  • 特定の病気になって継続更新が拒否された

デメリットは保険料の審査に時間がかかったり、審査が厳しいという意見や特定の病気になった後保険の継続を拒否されたというものまでありました。


確かに、安さはメリットではありますが、保険会社も利益を出さなくてはやっていけませんので、そのあたりに若干しわ寄せがきてるのかもしれませんね。

似たようなところで、特定の病気にかかった場合、その病気が次年度より保険対象外となる可能性もあるようです。
この辺って借款にはもちろん書いてあるんでしょうが、パンフレットにはどこを見ても書いていなかったので注意です。

ペット保険、特に少額短期保険会社はこういうところがある会社が多いです。
その辺に関しては一度こちらの記事も読んでみて下さい。

⇒【怖いペット保険】慢性的な病気やケガに対して厳しい保険・優しい保険まとめ

あとは振り込みが遅いという意見も・・・。


まぁ、この辺は窓口清算でないと仕方ないところですかね^^;
うちのげんきナンバーわんスリムも請求から振込まで2週間はかかります。

メリット

保険料が安い

%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e4%bf%9d%e9%99%ba%e4%bf%9d%e9%99%ba%e6%96%99%e6%8e%a8%e7%a7%bb%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95

FPCの最大のメリットはなんといっても保険料の安さ。
その他の保険の中でも一番安い保険料です。

以前までのFPCでは50%プランしか選べませんでした。
そしてペット保険のスタンダードラインである70%プランです。
他の保険と保険料を比較するにしても、70%プランと比べること位なるので卑怯とまではいかないまでも、
純粋な比較ができなかったんですね^^;

ただ、この度FPCにも70%プランが新設され、しっかりと公平に他の保険と保険料を比較できるようになりました!
早速比べてみると・・・確かに安いです。
一応11歳までは僅差ですが全ペット保険の中で最安値になってますし、12歳以降はげんきナンバーわんスリムに最安値の座は明け渡しますが、
スリムの場合は免責金額がついているので、実質最安値とも言えそうです。
ただ、思ったより保険料のインパクトは無くなったなというのが正直な感想^^;
まぁ、50%プランと比べるとそりゃそうなんですけどね・・・。

年齢が上がってからはPS保険と月額で10円しか変わりませんし、
意外と5歳とか低年齢ときにはPS保険、日本ペットプラスいぬとねこの保険、楽天あんしんペット保険、イオンのペット保険、イーペットなんかより保険料は高いです。

FPCは終身継続できて12歳以上で保険料が変わらない

IMG 2247 1024x768 - 【2018年度:FPCペット保険の口コミ・評価】デメリットは記載されていない免責疾病の不安。

FPCは9歳未満から新規で加入出来て、最後まで保険に加入できる終身保険です。
また、12歳以降は保険料が上がらないのも嬉しいですね。

デメリット

【2018.11月追記】継続更新のお断りされる話をちらほら聞く

元々口コミでは保険金の支払いが多くなった場合や、継続して保険金の支払いが多くなりそうな場合には、
翌年からの継続更新のお断りをされる(つまり一方的に解約される)という話は聞いていましたが、
最近はこのブログに頂くコメントでもちょくちょくそういったことが聞かれるようになってきました。

例えばこういったコメントです。⇒https://with-tiwawa.com/?p=984#comment-1460

重要事項説明書にて、

「会社の収支状況によって、継続契約を引き受けないことがある。
また、保険料の増額、支払保険金の減額を行うことがある。」

という旨の記載があるので、加入者側からすると受け入れるしかないですが、
加入前にこういったアナウンスをしっかりされないので、納得できないという感情は非常によく分かります。

企業としても、こういった後々クレームになりそうなことは包み隠さずしっかりと伝えた方がいいと思うんですけどね。
今のご時世、悪い噂はあっという間に広がるので、会社の評判的にもよろしくないと思うのですが・・・。

制度自体が別に良い悪いではないですが、しっかりと伝える努力はすべきだと思います。
(これはFPCだけでなく他のペット保険でも言えることです。)

これから加入する方はこういうこともしっかりと知った上で加入を検討しましょう。

入院・手術などによって補償限度額や年間限度日数が決まっている

入院、通院、手術のそれぞれのカテゴリーによって年間の限度額や日数に制限があります。
保険によっては通院、入院、手術とすべてひっくるめていくらの最大補償額という保険プランもあります。

FPCも通院、入院、手術とそれぞれのの限度額を合わせると最大85万円の年間補償額になりますが、これをフルで使うのは難しいです。
であれば、年間最大保障額が70万円でも、入院、通院、手術のカテゴリーごとの限度額や限度日数がなければ結局そっちの方がフルに補償額を使える可能性が高いです。

免責される(補償されない)病気・ケガ

膝蓋骨脱臼
誤飲
歯周病・歯肉炎
new026 01 - 【2018年度:FPCペット保険の口コミ・評価】デメリットは記載されていない免責疾病の不安。チェリーアイ △※

※一応対象だが先天性の場合が多いので、支払われるのはかなり難しい。

  • 時間外料金
  • 往診療
  • 個室料金
  • 重複診療費
  • 文書料
  • カルテ登録料
  • 2件目以降の初診料

FPCの一番のデメリットというか、不安要素はこの免責疾病の不安だと思っています。

というのも、一応免責疾病の欄に記載のない病気であっても、実際に問い合わせをしてみると「一応請求はできますが・・判断は状況によって変わります・・」といった何ともはっきりしない対応が多かったためです。

参考:【ペット保険会社別】免責されやすい疾病状況まとめ(既往症の場合除く。)

また、重要事項説明書の告知書に「現在診断は受けてないものの、加入ペットの状態で異常や気になるところがありますか?」という質問があるんですね。

もちろん、この告知書は全てのペット保険加入時に申告しなければいけないのですが、FPC以外のほとんどのペット保険では過去にした病気(既往症)や過去に治療や診断(疑いを含む)を受けた病気までしか聞かれません。

過去に獣医さんから診断を受けていなくても、「飼い主さん的に気になる部分はありますか?」という部分まで聞いてくるところから考えると、なかなか保険金の支払いはシビアなのかな・・という印象を私は受けます。(※あくまでも私の勝手な推測です。実際にはFPCに加入したことはありませんし、保険請求をしたこともないのでその辺は悪しからず。)

まとめ|総合評価&こんな人がおすすめ

img_5691

2018年の改訂で50%プランしか選べなかったものが、70%プランも選べるようになりました。
ただ、これまでFPCは非常に安い安いと言われてきましたが、
新設された70%プランでほかのペット保険と比較してみるとそこまで安くはないかなぁというのが私の印象です。
実際に、5歳ぐらいの低年齢のときにはFPCより安い保険はたくさんあります。
年齢が高くなったときでも、免責金額が付いてますがげんきナンバーわんスリムより保険では高いですし、
免責金額なしで比較しても最終的にPS保険と月額で10円しかたがありません。

保障内容との兼ね合いを考えると70%プランができたことでバランスが良くなったのかもしれませんが、
可もなく不可もなくとという小さくまとまったようにも感じます。
もう少しだけ保険料を上乗せすればもっとよい保障内容の保険会社はたくさんありますしね。
重要事項説明書には記載されていない免責疾病の件も気になります・・・。

つまり、絶対的な保険料だけを見れば確かに安いですが、そこだけを見て選ぶとまずいですよってことが言いたいわけです。

そういう意味でいうと、FPCがおすすめな人は保険料の安さだけでなく、
ここであげたデメリットもしっかり納得した人と言えるのかもしれません。。
ちょっと屁理屈っぽい終わり方になってしまいましたが。。

0

-ペット保険, 各ペット保険会社の紹介

Copyright© チワワと一緒にいつまでも|愛犬の健康から自分の食生活も見つめなおす。 , 2018 All Rights Reserved.