柴犬のペット保険、私ならこう選ぶ!管理人による保険選び実況中継

ペット保険

今回は、代わりにによる犬のペットペット保険のやり方勉強中携帯読んだりなります。
今回の見所は柴犬。
姉妹のワンチャンをかけることでペット保険の加入を考えてる方悩んでる方は是非参考にしてもらえば良いと思います。

スポンサーリンク

ペット保険を選ぶ6つのポイント

今回もまずは、ペット保険全体として選ぶときに押さえておきたい6つの大事なポイントについて紹介します。
詳しくは上のそれぞれのリンクで紹介しているので、そちらをまずは見てただきたいのですが、
この物を抑えていただければまずあんなに的外れな抵当権をやることはないだろうなーと私は思っています。

ちなみに、実は下に行くほど大事というか、
まぁ全部大事なんですが、、、わかりにくいというか結構大事なんですが、
見落とされがちな項目になっているので、
しっかりと確認していただければと思います。かよ

それでは次に、一般的に柴犬がなりやすいとされている病気について見ていこうと思います。

柴犬のなりやすい病気

柴犬がなりやすい病気に関しては、これらを特に左の2冊を参考資料として利用しています。
(出典:最新版 愛犬の病気百科犬の家庭医学 最新版

今回もこの2冊からそれぞれなりやすい病気として挙げられていたものを、
抜粋して紹介します。
それぞれ乗っている病気載っていない病気がっていうところもありましたが、
一応どちらかに乗っている病気に関しては全てあげています。

アトピー性皮膚炎、膿皮症などの皮膚病、外耳炎などの耳の病気、白内障、緑内障などの目の病気、突発性前庭疾患、甲状腺機能低下症、肥満細胞腫、認知症

柴犬なりやすい病気に関してはこういったものがあげられていました。
岡野犬種と比べると、ずいぶん少なく感じます

アトピー性皮膚炎矢野貴章などの皮膚病、外耳炎や白内障緑内障目の病気ですね、
後は甲状腺機能低下症など他の剣士でもよく見られる病気が挙げられています。

1つしまえるのなりやすい病気として挙げられたもので気になったのが、認知症です。

これは他の犬種のなりやすい病気としては挙げられていなかったものなので、
柴犬はシニアになると他の犬種よりも認知症になりやすいのでしょうか。

まあ、認知症に関しては保険ペット保険によって補償対象が分かれてくるということはないと思うので、
それほど気にするところではないのかもしれません。
ただ、実際に保険会社さんひとつひとつに確認したわけではありませんので、加入するという場合にはいちど確認しておいた方がベターではあります。

ペット保険会社によって補償対象となったり対象額なったりするような病気の中で、
柴犬のなりやすいとされているものはありませんでした。

つまり、柴犬に関しては免責疾病はあまり考えなくてもいいかなとういところです。

ただ、アトピー性皮膚炎など慢性化しやすい病気があげられたりするので、
どちらかと言えば慢性疾患に対して限度額が次年度もリセットされるような保険がベターです。

ただしその辺も、保険料との兼ね合いというか相談にはなってくると思いますが。

なので、今回面積疾病に関してはとりあえず置いといて、
とにかく保険料の安さと慢性疾患に対する対応でまずは考えてみたいと思います。

そういった点で行くと、
あんしんペット保険や日本ペットプラス(旧ガーデン)などは保険料もお手頃でいいのかなと思いました。

PS保険も保険料は安いですが、慢性疾患対する限度額のリセットがありませんし、
通院入院手術と使える保険金の限度額が決まっていたり限度回数が決まってるので、
上の2つの保険と比べると使いにくさを感じます。

の大手のアニコムやアイペットは窓口精算できてきたり保証もしっかりしていますが、保険料は割高となります。

この記事で紹介した柴犬におすすめのペット保険の詳細ページ

0

コメント

  1. あず より:

    初めまして。
    1歳と4歳の2頭の柴犬を飼ってます。
    2頭ともアレルギーがあり、4歳の子は去年若年性の白内障になってしまい、左目が見えていません(><)
    そんな状態で保険に入っても保険適用してくれるようなところはないだろうと諦めていたのですが、こちらのサイトに運よくめぐり合ってもしかしたらと希望を持ちました。

    そこで、もし分かるようでしたら教えて頂きたいのですが、こちらでご紹介されているあんしんペット保険や日本ペットプラスは、治療中の白内障やアレルギーでも保険適用してもらえる物なのでしょうか?

    白内障は手術はせず、目薬を月1回処方してもらい、点眼のみしています。将来的には摘出手術もあるかもしれませんが、まだまだ先のことと考えています。
    アレルギーは月に1回程度皮膚疾患のお薬を処方してもらってます。4歳の子は冬になるとかゆみが治まるので、お薬を飲むのは5月~10月ぐらいになると思います。

    こちらにこのような質問をするのは場違いではないかとも思いますが、数年前にPS保険に白内障のことでお問い合わせをしたところ、そんなことはHPに書いてある、保険で支払うわけがない、見ればわかるでしょう?というような冷たい対応をされたことがあるのであまり保険会社に問い合わせたくないというのが正直なところです。

    もし、分かるようでしたら教えて頂ければ幸いです。

    0
    • 管理人 より:

      あずさん

      初めまして!
      コメントありがとうございます^^

      私で良ければ精一杯力になりたいと思います。
      ご質問にお答えしますね。

      >そこで、もし分かるようでしたら教えて頂きたいのですが、こちらでご紹介されているあんしんペット保険や日本ペットプラスは、
      >治療中の白内障やアレルギーでも保険適用してもらえる物なのでしょうか?
      こちらですが、保険加入前にすでに発症してしまっている疾患、疾病についてはおそらく全ての保険会社で免責対象(保険対象外)となってしまうと思います。
      ただし、それ以外の疾患(保険加入後に発症、診断されたもの)を対象として保険加入自体はできると思います。
      詳しくはこの記事に書いてます。⇒入る前に必ずチェック!ペット保険の支払い適用外の病気・ケガまとめ

      また、保険加入前に発症し診断された病気に関しては保険加入時に完治していれば補償対象としてくれる保険会社もあります。
      (既往症=一度なってしまった病気は免責対象となるという保険会社もありますが。)
      その辺もろもろ含めて、一番確実なのは一度申し込み時に現状の病気の状況の告知をしっかりしてみて・・としか言いようがないんですけどね。。
      最終的な判断は保険会社にゆだねることになるので・・。

      あとは、その辺の補償対象に寛大なのか、厳しめかというのは保険会社によって違ってくると思います。
      あくまで傾向ですが、少額短期保険よりも大手損保の方がやはり保険料が高い分面倒見は良いイメージです。
      (ただし、損保でも外資系の会社はシビアな感じしますね。)

      保険料高いというとマイナスのイメージもありますが、
      その辺の細かなところの配慮や面倒見の良さといった部分ではやっぱり充実してるかもです。
      保険料安い=それだけ補償できる体力がないということです。(それを補って余りあるような契約者数がいれば別ですが。

      当たり前ですがやっぱり傾向としては、
      保険料と保障の充実度(特にパンフレットなど表には表れない部分の)というのは比例してくると思います。

      0
      • あず より:

        ご回答ありがとうございました!

        とても親切に、分かりやすく教えて頂き、助かりました!
        やはり治療中の物は対象外となるケースがほとんどなのですね・・・。

        それと申し訳ありません、もうひとつ教えて頂きたいのですが、アレルギーのことなのですが、今のところ検査はしていないのでアレルギーだろう・・・という診断で、アレルギーだとは断定されていない状態です。
        かゆくなる時期(5~10月頃)は皮膚疾患薬として処方して頂いていて、それ以外の時期(11~4月頃)は処方されてません。
        この場合、一旦は完治されていると判断されることが多いのでしょうか?
        かゆみが出るだけで、肌が赤くなることはほぼなく、アレルギーだと断定されてもいないのですが、保険加入の際には既往症としてアレルギーかもしれないと告知するべきなのでしょうか?

        お忙しいところ申し訳ないのですが、教えてもらえるとありがたいです。

        0
        • 管理人 より:

          あずさん

          こんにちは^^
          ご質問に対して私の意見を書かせて頂きますね。

          アレルギーという診断はされていないが、
          一応そういった症状が見えていてそれを保険会社に告知すべきかどうか・・といったところですね。
          気持ちとしては「病名が確定されてないんだから・・・」と告知したくない気持ちにもなりますよね^^;

          重要事項説明書で直近の通院や特定の既往症、ワクチン接種の有無などのみしか書く欄がない保険会社についてはあえて書く必要はないと思います。
          ただ、【診察や診断は受けてないものの現在気になる症状があったりしますか?】と聞いてくる保険会社もあります。

          でも、診断されてないので保険会社からしても調べようがないとは思いますし、
          その辺は飼い主さんの自己判断でいいのではないでしょうか?
          実際にそういうところを聞いてくる保険会社と聞いてこない保険会社があるという時点で、
          そこまで厳密な部分は求められないんじゃないかな・・というのが個人的な見解です。

          ただ、そういった微妙なところを確認してくる保険会社の場合、
          告知をしてなくても、色々と判断がシビアになるのかなぁという邪推はしてしまいますかね^^;
          (特に慢性疾患など加入前から症状が現れている可能性の高いものに関しては・・。)

          というところです!
          参考になれば幸いです^^

          0
          • あず より:

            本当に親身になって回答頂き、ありがとうございます!

            参考にさせて頂き、色々と考えたいと思います。
            今回は本当に親切に教えて頂き、ありがとうございました。
            また、何かありましたらよろしくお願いします!

            0
          • 管理人 より:

            あずさん

            こんにちは^^
            納得できる良い保険に入れるようお祈りします!
            加入されたらまたコメントでどんな感じなど情報頂けると嬉しいです^^
            それでは、また気軽に覗きに来てください~(‘ω’)ノ

            0
タイトルとURLをコピーしました