おうちで飼っているワンちゃんの健康を普段食べているドッグフードから考える。

チワワと一緒にいつまでも|ドッグフードから見直す室内犬の健康

スポンサードリンク




こんな人がこの記事を書いてます。


今年7歳になったロングコートのチワワ君と暮らしています。

うちの子がシニア犬となったのを機に、ごはんからお水、運動など普段の食生活を見直すようになりました。

同じようにワンちゃんの健康の悩みや不安を抱える飼い主さんの参考になれば嬉しいです。
⇒うちのチワワ君と管理人の自己紹介

普段の飼い主はこんな生活してます(;´∀`)⇒飼い主の日常
ツイッターのチワワ君アカウントのタイムラインです♪⇒チワワ君の日常

ペット保険 各ペット保険会社の紹介

イーペットのペット保険の口コミ・評判|保険料の高さにさえ目をつむれば意外といーじゃん!

投稿日:2016年12月31日 更新日:

img_91061

もっとぎゅっと少額短期保険と同じく、ペット保険の一括資料請求に加盟していなかったため個別で資料請求をしたイーペット保険。

今回はそのイーペット保険について内容を紹介します。

Sponcerd Link

イーペット保険の資料請求

イーペット保険の資料請求ページから資料を注文します。

e-pet

⇒イーペット保険の資料請求

3~4日くらいで資料が届いたと思います。
届いた資料はこんな感じ。

img_7303

メリット

新規でも継続でも引き受け条件がつかない

メリットとしてはこれが一番大きいのですが、イーペットは慢性的な疾患になったときでも翌年の限度額がしっかりリセットされますし、保険料を多く支払った病気やケガについては翌年から保険適用外にもなりませんし、そもそも保険の更新自体を断られることもありません。(※保険加入者から見ると当たり前のことかもしれませんが、そうでなうペット保険会社も多いです。)

参考:【怖いペット保険】慢性疾患(病気)になると更新を断られる保険があるって本当!?
参考:【ガーデン】いぬとねこの保険最大のデメリット!リセットされない限度額

その点、イーペットはそいうった制約がないですし、正当な病気やケガであればしっかりと保障を受けられるという安心感があります。
ちなみに、アニコムとアイペット、ペット&ファミリー以外の保険会社は何かしらそういった制約があることが多いので加入前には必ず電話で確認した方がいですよ。

10歳まで加入することができ間口が広い

もっとぎゅっともそうでしたが、イーペット保険も10歳まで新規で加入することができ、高齢ワンコでも入れる可能性が高いです。
最長で16歳まで加入できるペッツベストなどもありますが、終身で入れるペット保険の中では加入の間口の広い保険です。

年間限度額以内であれば制限なく保険が使える

補償内容は年間限度額だけがまるっと決まっていて、あとは限度額以内であれば1日の限度額や限度日数、手術や入院などカテゴリー別の制約もありません。
年間限度額こそ60万円と少し少なめに見えますが、こういった制限がないので上限まで保険金をもらえる可能性が高く、単発で高額治療費が発生したときにも強いです。

ペット賠償責任特約がつけれる

ワンちゃんが人やものを傷つけて賠償責任がでてしまったときに保険金が下りる賠償責任特約に加入できます。
月額130円の追加料金で1事故につき500万円まで保障されます。

各種割引がある

ネット割引、多頭割引、マイクロチップ割引、無事故継続割引など各数%の割引があります。
全て合わせると最大16%の割引率となるので、バカにできないですよね。。

保険料の支払われない病気やケガ

膝蓋骨脱臼
誤飲
歯周病・歯肉炎
チェリーアイ

デメリット

細かく言うといろいろありますが、保険料もそんなに高くないですし、保障内容もそこそこなので、そこまで欠点という欠点もみつかりませんでした。
あえていういなら、可もなく不可もなくというところがデメリットなのかなとも思います。

イーペットってけっこうマイナーですが、本当に補償は厚いですね。

よくあるけど、免責されやすいこの3つの病気やケガは全て保障されます。

また、メリットの一番初めにも書きましたが、慢性疾患だろうと毎年限度額はリセットされますし更新を断られた特定の病気やケガが保険適用外になることもありません。

これであと少し保険料が安かったら言うことなしなんですが。。

やっぱり保障が厚いだけ保険料も高いです。。

イーペット保険の月々の保険料一覧※小型犬の場合

年齢 70%(円) 50%(円)
0歳 2450 1930
1歳 2350 1860
2歳 2290 1810
3歳 2300 1820
4歳 2540 2000
5歳 2820 2190
6歳 3060 2370
7歳 3330 2560
8歳 3720 2830
9歳 4170 3130
10歳 4800 3440
11歳 5380 3850
12歳 5960 4260
13歳 6540 4670
14歳 7120 5080
15歳 7700 5490
16歳 8270 5900
17歳 8850 6310
18歳 9430 6720
19歳 10010 7130
20歳 10590
※20歳以降は保険料変わらず
7540
※20歳以降は保険料変わらず
70%プラン、50%プランとも11歳以降パンフレットに載っていませんでした。
なので、70%プランだけとりあえず電話で確認して載せています。※2017年5月現在

こうやってみると、10歳ころまではけっこう保険料も安いんですが、10歳を超えたあたりからぐんと保険料が上がり始めます。
70%プランの12歳の時点ですでにアニコムよりも高くて、20歳になると大台の1万円を超えてきますからね。

まとめ|総合評価&こんな人がおすすめ

病気やケガに対して保障が厚いのが最大のメリット。

逆に一番のデメリットは損保と比べても保険料がかなり高いことです。

新規入会できる上限年齢が10歳までと加入できる年齢が広いのはいいですね。
また、年間限度額以内であれば手術や入院、通院などに関係なく保険金が支払われるのも嬉しいです。

 

保険料のほかにデメリットは見当たりませんが、それにしても保険料が高い。。

保障がいくら厚かったとしても、この保険料だとけっこう厳しいかも。

おすすめの関連記事

-ペット保険, 各ペット保険会社の紹介

Copyright© チワワと一緒にいつまでも|ドッグフードから見直す室内犬の健康 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.