おうちで飼っているワンちゃんの健康を普段食べているドッグフードから考える。

チワワと一緒にいつまでも|ドッグフードから見直す室内犬の健康

スポンサードリンク




こんな人がこの記事を書いてます。


今年7歳になったロングコートのチワワ君と暮らしています。

うちの子がシニア犬となったのを機に、ごはんからお水、運動など普段の食生活を見直すようになりました。

同じようにワンちゃんの健康の悩みや不安を抱える飼い主さんの参考になれば嬉しいです。
⇒うちのチワワ君と管理人の自己紹介

普段の飼い主はこんな生活してます(;´∀`)⇒飼い主の日常
ツイッターのチワワ君アカウントのタイムラインです♪⇒チワワ君の日常

ペット保険

ペット保険は保険の窓口で聞いても意味ないとつくづく感じた。

投稿日:

先日繁華街のメインストリートを歩いていたら、保険の窓口を見つけました。

窓口ではペット保険はほとんど扱っていないイメージでしたし、実際自分がペット保険を選んだときも一から自力で情報収集をして勉強しました。

ただ、もし窓口で説明をしてもらえるのであれば、もしかしたらかなり分りやすくいろいろと教えてくれるのかもしれない・・!!

と思って、ちょっと入ってみることにしました。

Sponcerd Link

扱っているのはauとアクサダイレクトの2社だけ。

早速中に入って案内してもらう前にペット保険の取り扱いがあるのかどうかを聞きました。

そしたらペット保険の取り扱いがあるとのこと!

ただし、扱っているのはauアクサダイレクトのみの2社だけ・・・。

この時点でちょっとテンション下がりますよね。
だって、最大手のアニコムとシェアナンバー2のアイペットもないんですよ。。

保険窓口の人もペット保険についてよくわかっていない

それに話をしていて分かったのですが、窓口の人もペット保険のことは実際あまりよく分かっていないということです。

私が基本的なことを聞いても、

「・・・・ちょっと保険会社に確認してきますね・・少々お待ちください。」

これが話をしている間何度あったことか・・・。

あ、こんなこと書きましたが、決して彼らのことをディスってるわけじゃないですよ(笑)

それほど、ペット保険の需要は対人間の保険と比べれば需要が無いってことです。

ーズが無いから詳しくもならないし、それほど勉強をする必要もないんでしょう。。

保険のプロといえども、売り上げにほとんど貢献しないペット保険に関してはほとんど知識はないと思っておいた方がいいです。

ペット保険については専門家に聞くよりも自分で勉強した方が早い

で、結論としては自分でしっかりと情報収集をして、ペット保険について勉強しながら各社のサービスを比較するという作業を地道にしないといけないんですよね。
しっかりやろうと思えば・・、

これって本当に骨が折れますし、私自身もチワワ君の保険を選んでいるときには何度の挫折しかけました(笑)
周りに頼る人もアドバイスをもらう人もいないわけですし。。

でも、必死でやっているうちになんとなくペット保険業界全体の風潮みたいなものも分ってきて、それこそパンフレットにも載っていないけどしっかりと問い合わせをした方が良いことなど勘所が分ってきました。

ただ、これを一からやるのはとっても大変だと思うので、私がすでに調べたことや私が考えるペット保険の選び方みたいなものをまとめたので、良かったら見てみて下さい。

⇒こんなの誰も教えてくれない!失敗しないペット保険の選び方完全ガイド

もし、分らないことや相談したいことなどあれば、コメント頂ければ全然お答えしますので^^
悩んでるなら気軽に連絡ください~♪

ではでは。

おすすめの関連記事

-ペット保険

Copyright© チワワと一緒にいつまでも|ドッグフードから見直す室内犬の健康 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.