トイプードルのペット保険、私ならこう選ぶ!管理人による保険選び実況中継

ペット保険
スポンサーリンク

今回はトイプードルのペット保険について紹介したいと思います。
ちなみに写真のプードルちゃんはうちの実家のわんこです。
トイプーちゃんを音階の方で、保険選びに悩んでるかた困ってる方は是非参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

ペット保険を選ぶ6つのポイント

前回のチワワのペット保険の時にも紹介しましたこれが犬のペット保険選びに共通して言える、
もっと言うと、猫でもうさぎでも全てのペットに当てはまる保険の選び方だといます。

上のリンクのページでも詳しく紹介していますがそちらでは情報の網羅性を重視するために、
ちょっと情報がどちらかって整理されていなくて分かりづらい部分もあると思うので、
こちらで簡単に大事なポイントオムツにまとめて紹介します。

ペット保険については、こちらで情報を網羅しているつもりですが、
情報量があまりにも多すぎてよくわからなくなってしまう方も多いと思うので、
ペット保険を選ぶ上で私が最も大事だと思うポイント6つにまとめました。

まずは、上の6つのポイントを上のリンクから詳細を確認しながら、
この記事を読み進めてもらえたらと思います。

トイプードルのなりやすい病気

トイプーがなりやすい病気に関しては、これらを特に左の2冊を参考資料として利用しています。
(出典:最新版 愛犬の病気百科犬の家庭医学 最新版

これはもちろん一般的なものなので、
実際にはあなたのトイプーちゃんと状況や状態と照らし合わせて、考えてみて下さい。
前回もいましたが、トイプードルを初めて買うという方や、自分ではちょっとよくわからないという方は、
是非いちど抱えてたらジョイさんと相談してみてください。

白内障、緑内障、ドライアイなどの目の病気、慢性胃炎、出血性胃腸炎などの消化器の病気、僧帽弁閉鎖不全症、動脈管開依存症、膝蓋骨脱臼(パテラ)、糖尿病、乳腺腫瘍、レックペルテス、環軸亜脱臼、基底細胞腫、加齢性虹膜委縮、気管虚脱

トイプードルのなりやすい病気としては上のようなものが一般的に考えられています。

小型犬というくくりから言えば、ほかの小型犬の犬種と同じものもあったりしますね。
ただ、やっぱりトイプーの犬種独自の特徴ってものもあったりします。

まずは定番の膝蓋骨脱臼やレックペルテスなど、後は脱臼などですね骨関係が好発しているようですね。

白内障緑内障ドライアイなど、目の病気多いみたい。
その他珍しいところでいうと糖尿病なんかも出やすいみたいです。

この辺から考えていくと、
やはり膝蓋骨脱臼が行くペルテス期間虚脱などが補償対象外になっている保険は
ちょっと避けたいかなぁ

というところですね。

免責疾病で考えると、
大手のアイペット、アニコムなどはもちろん、
イーペットやペット&ファミリーなどが候補として挙げられます。

後はPS保険なんかも保険料が安い割に膝蓋骨脱臼も対応していたりして、
結構いい感じかもしれません。

免責疾患だけでいうと、
新しい会社ですがイオンのペット保険なんかも上で挙げた疾病が保証対象になっていたりしますね。

ちなみにペット&ファミリーの名前を先ほどあげましたが、
レッグペルテスに関して、
免責事項の中に名前はありませんが、先天性の可能性が高いということでおそらく免責されることが高いです。
この辺もしっかり確認しておきましょう。

PS保険やイオンのペット保険に関しては、
免責疾患以外のところで言うと慢性疾患にがネックですね。

慢性疾患になった場合、次年度以降限度額がリセットされないという問題もありまして、
ちょっとどなっかなというところです。

また免責疾病でパテラやレックペルテス気管虚脱なんかが保証対象外とはなってしまいますが、
あんしんペット保険や日本ペットプラスの保険などは同一慢性疾患でも翌年以降しっかりと補償されます。

この2つに保険に関しては、
20歳までの更新限度ということで終身保険ではないという点もあって、
私的にはちょっとどうかな~というところもありますが、
そのも承知の上であれば、日常的に使うとよりは、いざというときの備えとして入りたいという方にとっては、
保険料も安いですし、使い方も次第では全然ありだと思います。

この記事で紹介したトイプードルにおすすめのペット保険の詳細ページ

もっと詳しく各社の比較を知りたい方はペット保険を一覧で網羅した完全保存版ページをチェック!

⇒失敗しないおすすめ犬のペット保険の比較・選び方完全ガイド

0
ペット保険
スポンサーリンク
この記事が役に立った!という場合には、是非SNSでの拡散をお願いします^^
それにより、一人でも多くの方の助けになれば幸いです。
また、私だけでなく、情報提供して頂ける多くの方の協力によって、この場は成り立っています。
より良い情報提供のためにも、是非ご協力をお願いしますm(_ _)m
管理人をフォローする
チワワと一緒にいつまでも

コメント

  1. フェルの母 より:

    こんにちは!
    いつも参考にさせてもらってます。
    また保険の事ですが、取り敢えず今現在、FPCに申込みをして、返事待ちの状態ですが、また記事を読みまして、他の保険会社の方が良いのかな?とか思ったりして。
    あちこちに加入審査をするのは良くないのでしょうか?
    今年に入っても、外耳炎で2日、血尿で2日、血尿に関しては一度検査した方がよいだろうと言われ、次の日に紹介してもらった病院で検査しましたが特に何も異常は見当たらないので、そのまま様子をみましょうとのことで、薬等もなく、治りました。
    外でしかトイレをしない為、お散歩に行く前まで水を飲むのを我慢してるようで、水を飲む量が少ないのが原因ではないかと言われてます。実際、去年悪くなった時もなるべく水を多く飲ませ、エサもそれ用のものに替えて、調子が良かったのですが。
    こんな感じでなかなか病院とは縁が切れません( ; ; )
    一度でも申請すると記録が残るんですよね? 
    一度ダメだったところは、再度申請しても無理なんでしょうね。
    年齢も6歳になり、どこか入らないかな?とちょっと焦ってます。
    お暇な時にまたアドバイス頂けたら、有難いです!

    0
    • 管理人 より:

      フェルの母さん

      こんにちは!
      お久しぶりですね〜^^
      また、トイプーちゃんの近況も含め、お話聞けて嬉しいです。

      まずご質問についてですが、

      仰るように、一度申請するとペット保険会社に記録は残るのかもしれませんが、
      あくまでも今の告知状況を見て判断されるので、以前の記録はあんまり関係ないんじゃないかなぁと個人的には思います。

      もちろん、以前と全く同じ状況(疾患、部位、状態など)であれば、再度同じ部位が免責対象となったり、
      ということは十分考えられますが、

      仮に告知義務が発生する期間まで何も病歴が無かった場合などは、
      わざわざ過去の申請時の書類を引っ張り出してきて、そこも含めて審査するっていうことは考えにくいのかなと。

      闇雲にとりあえず申請しとけ〜っていうのは違うと思いますが、
      気になったものがあれば、審査を受けてみるのはアリだと思います。
      (もし、不安なようであれば、まずはお問い合わせの電話で、不安な部分を率直に聞いてみるといいと思いますよ。)

      ただ、以前アニコムで尿路系の疾病が免責対象となったのであれば、
      状況が一緒であれば、ほかのペット保険会社でも、同じように免責対象となる可能性は高そうですね。。
      (その辺、保険会社はシビアにみると思いますので、会社によって基準が大きくは変わらないのかなと。。)

      もし可能であれば条件が有利に働くように、告知義務がなくなるまで様子を見てみるのがいいかとは思いますが・・・。
      (7歳になる来年くらいまではまだ猶予ありますよね。)

      一番良い形(不担保疾病無し)で保険に入れるのがベストではありますが、
      それが難しい場合は、それも含めて改めて保険を考える必要も出てくるのかもしれません。

      ということで、参考になれば幸いです!

      0
  2. フェルの母 より:

    初めまして。
    犬の保険を検討してるうちにこちらにたどり着きました。
    とても丁寧に細かく書かれていて、参考になります。
    考えれば考えるほど迷ってしまいますね(汗)お知恵を貸して頂けたらと思い、コメントさせて頂きました。
    5歳8か月の男の子のトイプードルです。トイですが8キロ弱あり普通サイズより大きいです。太っているわけではありません。ペットショップで購入したので、最初の1年は、アニコムに入ってました。少しのことでも心配になり、ちょくちょく病院に連れて行ってましたが、掛け金の半分も使うことはなかったので、やめました。
    最近になり保険に入れる年齢の制限があることや、病気したら入れないと聞いたりしたので検討を始めました。
    それでアニコムに見積もりをしたら、過去6カ月の病歴等を告知すると、下記の症状が引っ掛かり、「特定傷病除外特約を適用してのお引受となります。下部尿路疾患」となっていて、膀胱炎はもちろん尿石症、泌尿器結石…など、うちの子がかかりそうなものが補償外となるようです。
    *今年は暑さのせいか血尿が出ることが多く、直近の3か月だけでも3回病院に行きました。軽い膀胱炎といわれ、注射を1本してもらうだけでした。最後に行ったときは治療するほど悪くないと、尿検査だけでした。原因は水の飲み方が足らないとの事でした。2回目に行った時にエサも尿結石とかになりにくいようなのを勧められ、それに変えました。1回で完治はしていました。
    *3月~5月に3回ほど外耳炎で病院に行きました。耳掃除のし過ぎとカットとシャンプーに行ったあとにいつも耳をかくので、かゆいのかと思って私が拭いたりするのが一層悪かったみたいです。継続治療ではなく、かゆみ止めの注射をしてもらうことで一回で完治しています。こちらは特定には入ってなかったです。
    昨年もどちらも数回、単発で病院に行ってます。
    半年待って、なにも告知がない状態で申し込みをする方がいいのか?
    上記の病気は補償されないと諦めて、このまま申し込みをした方がよいのか?
    病院の先生は、保険に入るのに問題ないレベルだとは言われたのですが。
    管理人さんの入られてるペット&ファミリーなども良さそうだと思うのですが、告知内容等については、どこも同じような感じなんでしょうか?
    良いアドバイス頂けたら、幸いです。

    0
    • 管理人 より:

      フェルの母さん

      こんにちは!
      コメントありがとうございます^^

      5歳のトイプーちゃん男の子なんですね^^
      小型犬の割にがっしり体型なんて・・・
      うちのチワワ君みたいで親近感湧いてしまいます(笑)
      (うちの子はチワワで5キロ弱なんです^^;時々散歩中にポメに間違われます汗)

      病歴の告知で膀胱炎を書いたところ、
      アニコムで免責対象での引き受けになる、とされたということですね。。

      まず、告知に関しては、多少各社によって項目の差異はあるものの、
      概ねどこも同じようなものとなっていますね。
      ただ、その回答を受けて、どういう判断になるかは、各保険会社によると思います。

      獣医さんの見解としても「保険に入るのに問題ないレベル」と言われているのであれば(もちろん、判断するのは保険会社の方にはなるので、そこを鵜呑みにし過ぎてもいけないとも思いますが)、
      今、免責条件(特定傷病除外特約)が付いてくるアニコムに入るのは、個人的にはもったいない気がしますね。。

      1つは、5歳でまだペット保険各社の加入年齢にも余裕があるので、
      現時点で気になるペット保険をあと数社(ペット&ファミリーなど)見積もりを取って、
      そこでどういう対応をされるのかを確認してみること。

      または、フェルの母さんがおっしゃるように、半年待ってみて、
      告知義務から外れたタイミングでもう一度加入を検討してみるのもありかな、と思います。
      (※ただ、アニコムの場合は一度免責条件付きが出ているので、半年後条件が無くなったとしても、そういう見解(保険金の支払いはシビアに見られる)になるのかな、という懸念はします。)

      もちろん、半年間で病気が全くないとも限りません。

      結論としては、私であれば、やっぱり、とりあえず今の時点で他の保険会社に見積もりしてもらって、
      その結果を受けてどうするか考えると思いますね・・・。

      0
      • 匿名 より:

        こんばんは!
        お返事ありがとうございました。
        何故か今までお返事見れなくて、お礼のお返事遅くなりました。
        結局その後そのままで1月末にPS保険に申込みしてみましたが、過去3か月の既往歴でしたので、膀胱炎は記入せず、外耳炎で11月末と12月初めにかかったので、それを記入してたら、断られました( ; ; )
        どこも入れないのかな?と。
        もう少ししてから、別なものに挑戦してみようと思っています。

        0
        • 管理人 より:

          匿名さん

          こんにちは!
          そうなんですね〜^^;
          外耳炎が免責疾病に引っかかった、ってことですかね?
          そうですね、とりあえず告知の必要がなくなる時期まで待って、
          再度申請してみるのも一つだと思います^^

          また何かあれば、気軽に連絡くださいね〜^^

          0