こんな人がこの記事を書いてます。


今年8歳になったロングコートのチワワ君と暮らしています。

うちの子がシニア犬となったのを機に、ごはんからお水、運動など普段の食生活を見直すようになりました。

⇒チワワ君の食生活で私が大事にしていること。

同じようにワンちゃんの健康の悩みや不安を抱える飼い主さんの参考になれば嬉しいです。
⇒うちのチワワ君と管理人の自己紹介

ペット保険

2社以上の複数契約できるペット保険と保険を併用したときの保険金の計算方法まとめ。

更新日:

46ddd9ebab4f81efa18ac73dc48fa7f4 s - 2社以上の複数契約できるペット保険と保険を併用したときの保険金の計算方法まとめ。

ペット保険は1つだけでなく、2つ以上同時に加入できる場合があります。
使い方としては、通院、入院、手術の全てをカバーした総合保険に1つ入っていて、特に高額になりがちは手術の補償を厚くするために手術のみ保障のペット保険に加入したりするイメージが多そうです。

今回は、ペット保険を2つ以上同時に加入したい方に、複数のペット保険に同時に加入する場合の注意点や、掛け持ちできるペット保険やできない保険のまとめなどを紹介します。

スポンサーリンク

ペット保険を2つ掛け持ちするときの注意点と2社間での保険金計算の仕方

ペット保険を2つ以上加入して掛け持ちをする場合に注意するのは、まず加入する保険会社が2つ以上の掛け持ちがOKな保険会社かどうかを確認する必要があります。

保険会社によっては、条件なく複数の保険を掛け持ちしてもOKな保険会社、条件付きでOKな保険会社、掛け持ちはNGな保険会社とそれぞれです。

どの会社が掛け持ちできて、どの会社ができないのかというところは次の項目で一覧でまとめているので確認して下さい。

もう一つは、加入している複数の保険会社で100%以上の保障割合になったとしても、治療費の100%を超えた額の保険金は下りないということ。

例えば、通院、入院、手術が保障されて保障割合が50%のペット保険に入り、手術のみで80%保障のペット保険に入ったとします。
この人の飼っているワンちゃんが手術をすると、加入していう2社に対して保険金を請求します。

単純計算ですと、50%+80%=130%となりますが、保険金は2社合わせて100%までしか支払われません。
つまり、かかった治療費を超える保険金は支払われないということですね。

ネット上で「ペット保険は掛け持ちしても全額(自己負担無し)にならない」という情報があったりしますがお互いの保険の補償額の範囲内であれば、100%(自己負担額0)まで補償も可能です。(後で紹介する特殊な例は除く。)

掛け持ち時の日本ペットプラスの保険金請求に関する注意点

例えば2社のペット保険に加入していた場合、基本的にはどちらの保険会社を先に請求したとしても、私たちが受け取る保険金に違いはないのですが、
唯一日本ペットプラスだけが注意が必要なので追記します。

※だけと書きましたが、現在掛け持ち可能な会社で確認できている保険会社は次の通りです。⇒アニコム、アイペット、ペット&ファミリー、FPC、楽天あんしんペット保険、

結論から言うと、日本ペットプラスを掛け持ちで加入した場合、保険金の請求は必ず日本ペットプラスを先にしないともらえる金額が減ってしまいます。(特に保険金の補償金額が治療費を上回る場合)
ちょっと分かりづらいのでいきなり具体例から入ります。

他社のペット保険:補償割合70%
日本ペットプラス:プラチナプラン90%

で、1万円の治療費がかかったときの保険金の計算方法です。

日本ペットプラスに先に保険金を請求した場合

日本ペットプラス:1万円×90%=9000円の支払い
他社保険:1万円×70%=7000円となりますが、合計で治療費の1万円を超えてはいけないので、差額の1000円のみの支払い
合計:9000円+1000円=1万円の受け取り

となります。
これが、いわゆる一般的な掛け持ち時のペット保険の保険金の計算方法です。

日本ペットプラスを後に請求した場合

他社保険:1万円×70%=7000円の支払い
日本ペットプラス:1万円×90%=9000円、合計で治療費の1万円を超えてはいけないので、差額の3000円のみの支払い・・・となるのが普通ですが、
後に請求した場合、なぜか2社トータルで9000円の支払い金額を超えることがないように調整されてしまいます。
つまり、日本ペットプラスは9000円ー7000円=2000円の支払い。
合計:7000円+2000円=9000円の受け取り

となって、日本ペットプラスを後に請求した場合、受け取る合計金額が減ってしまうのです。。
なんともややこしいですし、なぜこんな計算方法になるのかちょっと理解できませんが、
とりあえずこういうことのようです。
なので、日本ペットプラスを掛け持ちで加入を考えている方は、必ず請求の順番を日本ペットプラスを先にする、
というのを徹底したほうがいい
です。

常識的に考えれば当たり前のことですけどね・・。

掛け持ちがOKなペット保険、NGなペット保険

では、掛け持ちがOKな保険会社とNGな保険会社について調べてまとめたので、良かったら参考にしてください。

掛け持ち加入がOKなペット保険

掛け持ち加入が条件付きでOKなペット保険

  • ペット&ファミリー(ペット&ファミリーを含めて2社までOK)
  • PS保険(PS保険に加入前に別の保険会社に加入している場合はNG。PS保険に加入後、別の保険に加入はOK。)
  • イーペット(イーペット加入前の別の保険会社への加入はNG。イーペット加入後に他の保険に加入はOK。)

掛け持ち加入がNGなペット保険

スポンサーリンク

まとめ

調べて見て分かったんですが、掛け持ちOKのペット保険会社って以外に多いんですね。

2つ以上のペット保険の加入を考えている方は参考にしてもらえたら幸いです。

3+

-ペット保険

Copyright© チワワと一緒にいつまでも|小型犬・室内犬の食生活からペットとの暮らし全般まで。 , 2019 All Rights Reserved.